Peco+Life > なんでもブログ > おすすめ!PCでTVを見るには?PCTVチューナー&キャプチャー厳選特集

公開日:2019/10/16

テレビを見れるのはテレビやスマホだけじゃないって知ってましたか?

パソコンでも同じようにテレビを見たり、録画だって出来ちゃいます!今回はおすすめ!PCでTVを見るには?PCTVチューナー&キャプチャー厳選特集をさせていただきたいと思います。

チューナーで品比べしている方や、自分のパソコンでテレビを見ることが出来るのか?などにも注目していきたいと思いますので初心者の方の参考になればと思います。

テレビ(TVチューナー&キャプチャー)を使うために必要なPCスペック

5000円程度の平均的な価格帯のTVチューナーであれば10年以上前のパソコンのスペックでも快適に動作させることが可能です。

ただし、テレビは映像処理に大きく負荷がかかってしまう為、「グラフィックボード」の性能が大きく関係してきます。もしYoutube等の動画配信サイトを視聴した際にカクカクしたり動きが止まったりしていることがたまにあるようであればテレビを見る際も同様の症状が発生してしまい没入できなくなってしまいます。

つまり、

使用するTVチューナーの性能が高くなればなるほど、自分のパソコンに要求される性能が高くなっていきます。

参考までに、2009年10月22日にFUJITSUさんから発売されたノートパソコンの「FMV BIBLO NF/E50」に、2010年4月7日に発売されたI/ODATAさんのTVチューナー「GV-MVP/HZ2」を使用させてテレビを視聴させたところ、テレビのソフトだけを起動して見る分には快適でしたが、バックグラウンド(他の作業)を同時にすると固まる場面がありました。PCのスペックとTVチューナーのスペックは下記になります。

PC優劣比較TVチューナー
CPUCore 2 Duo P8700>Core Duo T2400以上
メモリ4GB>1GB以上
GPU1288MB>VRAM : 128MB以上
ストレージSSD120GB>800MB以上
ディスプレイWXGA (1366×768)>XGA(1024×768)以上
OSWindows10>WindowsXP/VISTA/7/8

自分のスペックと購入する予定のTVチューナーや、キャプチャーのスペックが分からないというかたはお気軽にお声がけください。頑張って自分でわかる方は、CPU,メモリ,OSあたりが分かれば大丈夫です。

WindowsのOS種類につきましては、まもなくWindows7のサポートが終了してしまいます。2019/10/15時点

特にオンラインで使用することが無いのであれば頑張ってWindows XPを使用されているお客様もいらっしゃいますので特にOSの縛りは設けませんが、特別重要な事が無い限りはWindows10を使用された方がいいかもしれません。

上記の記事でも紹介させていただきましたが、日常使用で使われる場合、値段を抑えて性能を加味するのであれば、新品新型の性能を買う必要は確実にありません。手厚く新品の保証を受けたい場合はその限りではありませんが、映像処理はグラフィックボードの性能が大きく関係してきてしまうためデスクトップ、ノートともに一定の水準のビデオカードの性能があるかどうか確認するようにしましょう。

タイプ別TVチューナーの種類を確認しよう

TVチューナーを購入する前に外付け・内蔵どちらも確認しなければいけないことは、TVチューナーを接続する端子があるか?をチェックしましょう。

・PCI-e接続タイプ(内蔵タイプ)

パソコン本体の基盤に増設するため多少技術が必要となってきます。外付けタイプに比べて比較的安定した動作と高画質な製品が多くあります。それ以外でも他の種類には無い機能も備わっていることが多いです。

が、近年のTVチューナーは他の種類でも高品質な製品が多く発売されているため、無理をして基盤に増設する必要はありません。

・USB接続タイプ(外付けタイプ)

パソコンにあるUSB端子に接続して使用するタイプです。

手軽に取り付けることが出来るためセットアップまでがとてもかんたんです。

小型の製品が多いため持ち運びにもとても便利です。

・ワイヤレスタイプ(外付けタイプ)

その名の通りワイヤレスで使用することが出来ますが、接続には無線・有線LANの環境が必要です。

ワイヤレスタイプの特徴として様々な端末でテレビを視聴することが出来るメリットがとても大きいです。

何を見る?搭載されているチューナーの種類をしっかりチェック!

基本的にPC用のテレビチューナーが対応している製品は、地デジ・BS・CSの3種類です。

比較的安い価格帯の製品は、地デジ対応のみの商品が多いため、見たい番組が見られるチューナーかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

逆に地デジだけで十分という方は動画配信サイトで好きな番組を見るという手段も1つの手かもしれませんね。

・地デジチューナー/一般的な地上波テレビ放送が視聴できます

・BSチューナー/一例として、WOWOWやスターチャンネル、ディズニー・チャンネルなど

・CSチューナー/一例としてスカパー!などが視聴できます。

TVチューナータイプ別性能比較

XIT-STK100(ピクセラ)ーUSB接続タイプ

USBメモリの様な外観はとてもコンパクトで持ち運びにとても便利です。帰省時や、旅行の際など出かける用事が多い方にオススメです!

接続方法:USB2.0

受信放送:地上デジタルテレビ放送

メモリ:2GB以上

ディスプレイ:最低条件が1024*576以上の解像度に対応していること

Xit Brick XIT-BRK100W(ピクセラ)ーUSB接続タイプ

一番のオススメ!少し値段は上がりますが、性能が飛躍的に上がるため、機能性も内蔵タイプの製品と遜色ない性能ですが要求されるパソコンのスペックも少し上がってしまうので注意が必要です。

接続方法:USB2.0(USB mini-B×1(2.0 High-speed))

受信放送:地上デジタルテレビ放送

地上デジタル・BS / 110度CSデジタル混合タイプ
BS / CSアンテナへの電源供給には対応しておりません。)

メモリ:推奨8GB以上

ディスプレイ:最低条件が1024*576以上の解像度に対応していること

Xit AirBox XIT-AIR100W(ピクセラ)ーワイヤレスタイプ

家庭の無線ルーターとアンテナ線に接続する必要がありますが、接続してしまえば寝室でもお風呂でもテレビを視聴することが可能になります、更にパソコン以外のスマホやタブレットなどでも視聴が可能、更にネットワーク環境がある場合には出張先や海外、アウトドアのシーンでもインターネットを経由して視聴することが可能です。

接続方法:USB2.0(USB mini-B×1(2.0 High-speed))

受信放送:地上デジタルテレビ放送

(※地上デジタル・BS / 110度CSデジタル混合タイプ
BS / CSアンテナへの電源供給には対応しておりません。)

メモリ:推奨8GB以上

ディスプレイ:最低条件が1024*576以上の解像度に対応していること

Xit Board XIT-BRD100W(ピクセラ)ー内臓タイプ

パソコン基盤に接続する必要がありますが、裏番組録画や2番組同時録画などの多彩な録画機能や、スキップ再生やダイジェスト再生などの豊富な視聴機能が備わっています。

接続方法:USB2.0(USB mini-B×1(2.0 High-speed))

受信放送:地上デジタルテレビ放送

メモリ:推奨8GB以上

ディスプレイ:最低条件が1024*576以上の解像度に対応していること

更に悩ませてしまったアナタへ

もしも値段がネックになっているのであれば、1000円程度で購入できる安価なTVチューナーを購入して地デジを視聴して、不足している番組や見逃した番組などは有料動画配信や無料動画配信サービスを組み合わせて使用するのも1つの手段です。

高品質高機能を求めている方は、正直なところテレビはテレビを見るものなので高品質高機能が成り立ちます。

パソコンは広範囲に渡り様々な使用方法が出来ますが用途に対して発揮できる力は浅いです。ですので本当に高品質高機能を求めている場合には妥協するか諦めて適切な媒体で視聴する方法が一番かもしれません。

 

アーカイブ