GEFORCE GTX 1660Ti/1660/1650各メーカー比較

5/22 GTX1650 ASUSデータシート追加

GTX10XXシリーズがメーカーの一部では生産が完了し市場在庫分だけになりつつありますが、今回はRTXではなくGTX16xxシリーズをリリースしました。

最近RTXシリーズが発売されて落ち着いてきたと思っていたのですが、機器関係の新作発表はとても早いと改めて実感しました。

GTX16XXシリーズは1660Tiが一番に発売され、GTX1660/GTX1650と下位シリーズも2019-04-25には全て販売開始となりました。

個人的な意見として今まではGTX670→GTX1060→これからに向けてRTX2060をオススメさせていただきましたが、今回のGTX16xxシリーズの性能を比較しながら改めて考えてみたいと思います。

Palit製のGTX1650とGTX1660Tiの大きさ比較。とにかくGTX1650が小さくて可愛いです。1スロットLPじゃないのかと思ったらそこは2スロットでした。

GTX1650/1660/1660Tiの性能と特徴

GTX1650 GTX1660 GTX1660Ti
NVIDIA CUDAコア数 896 1408 1536
ブーストクロック 1665 1785 1770
ベースクロック 1485 1530 1500
メモリ速度 8Gbps 4Gbps 6Gbps
標準メモリ構成 4GB GDDR5 6GBGDDR5 6GBGDDR6
メモリインターフェイス幅 128bit 192bit 192bit
メモリ帯域幅 239GB/秒 192GB/秒 288GB/秒
リアルタイム レイ トレーシング 非対応 非対応 非対応
NVIDIA® GeForce Experience 対応 対応 対応
NVIDIA Ansel 対応 対応 対応
NVIDIA® Highlights 対応 対応 対応
NVIDIA G-SYNC™ Compatible 対応 対応 対応
Game Ready ドライバー 対応 対応 対応
Microsoft® DirectX® 12 API, Vulkan API, OpenGL 4/5 対応 対応 対応
DisplayPort 1.4, HDMI 2.0b 対応 対応 対応
HDCP 2.2 対応 対応 対応
NVIDIA® GPU Boost™ 4 4 4
VR Ready 非対応 対応 対応
USB Type-C と VirtualLink 非対応 非対応 非対応
最大デジタル解像度 7680×4320 7680×4320 7680×4320
標準ディスプレイ コネクター HDMI.DVI DP.HDMI.DVI DP.HDMI.DVI
マルチ モニター ~3 ~4 ~4
HDCP 2.2 2.2 2.2
最高 GPU 温度 (℃) 92 95 95
グラフィックス カード電力 (W) 75~ 120~ 120~
推奨システム電力 (W) 300 450 450
補助電源コネクター なし 8pin 8pin

GTX1650の特徴

2019/04/25時点では、発表されたばかりのGTX1650ですが、こちらの商品の特徴として、消費電力の少なさと、補助電源が不要にも関わらず性能が更にアップしたことが一番ではないでしょうか。

拡張性がデスクトップのタワー型と比較して難しい、スリムタイプのデスクトップパソコンを使用されているお客様からグラフィックボードの性能をパワーアップしたいという要望を頻繁にいただくのですが、電源ユニットの容量が少ない兼ね合いからタワー型を作成させていただくか、GTX1050Tiの性能が今まででは限界だったのですが、GTX1650の販売に伴い限界値を突破出来るようになったため、スリムタイプのパソコンを使用している方でも少しの予算の投資でパワーアップさせてあげれるようになった事が一番の特徴ではないかと私は思っています。

ただし、マルチモニターで使用される際には若干オススメできない部分があり、メーカーによっては出力できる数がDVI,HDMIの2種類だったりと色々コスト削減されている部分があるので購入する際には出力数を確認することも大事になってきます。

GTX1650が現在配送中のため届き次第ベンチ測定をしたいと思います。

・スリムタイプの低用量電源でも高解像度で高画質なゲーム環境を構築できるように!

GPU:GeForce GTX 1650 CPU:Intel(R) Xeon(R) CPU E3-1241 v3 @ 3.50GHz メモリ:8 GB RAM

 

GTX1660/1660Tiの特徴

GTX1660Tiと異なる点は、クロックの数字、使用しているメモリ規格がGTX1660TiではGDDR6を採用していましたが、

GTX1660ではGDDR5を採用されており、また、メモリ帯域幅にも差が設けられています。

GTX1660Tiの特徴として、

・RTXシリーズ同様に、コアがPascal(GP104~6)からTuring(TU)に変更されています。

・RTコアやTensorコアが無いので、レイトレーシングやDLSSが使用できません。

・ビデオメモリがGDDR5からGDDR6に変更されています。

・グラフィックカード電力が120Wと低消費にも関わらず高性能なパフォーマンス

 

そして一番気になったのが、GTX16xxシリーズの特徴とも言える

プロのような配信

驚異のパフォーマンスと画質を手に入れ、Twitch や YouTube でライブ配信しましょう。GTX 1660 Ti の専用ハードウェア エンコーダは、前世代のグラフィックス カードと比較して 15% の効率向上を実現し、Open Broadcaster Software (OBS) 用に最適化されています。

出典:NvidiaさんHP GEFORCE GTX 1660 Tiより

 

GTX1660.GTX1660Tiはどちらも消費電力が120Wと大変低いため、ピンアサインの異なるワークステーション等のパソコンや、スリムタイプ等のパソコンだと電源ユニットの換装が出来ず、使用できるビデオカードに限界が来てしまって買い替えや性能を妥協して使用している方もいるかと思いますが、GTX1060と同じ120Wなので電源ユニットの容量に余裕がない方でもGTX16xxシリーズに変えるだけで最新の重いゲームを少しでも高画質高解像度でプレイすることが可能なため、全取っ替えを検討しているけど家の財務省に予算を管理されていたりする方であればグラボだけを変えるという低予算で済むのは、とても魅力的な時代です。

ゲームベンチマーク

大型アップデート等が伴った場合、要求スペックが上がり以前より重くなる場合、改善されて以前より軽くなる場合、変わらずのどれかが発生する可能性があります。

あまりにもGTX1650.GTX1660Tiの性能が良かったのでアップデートで最適化されたのかと思い、GTX1060-6GBモデルを改めて使用して一番負荷が大きいPUBGで検証してきました。勿論全てのカードで全て同じマップで検証するのが正しいやり方ですが時間が無かったので見逃してください。

・Fortnite

Xeon intel W5590+12GB+GTX1650 ストレージはHDD2台を使用

FHD解像度(1920:1080)にて
低:およそ137-202FPS
中:およそ80-173FPS
高:およそ51-95FPS
エピック:およそ56-70FPS

Xeon intel W5590+12GB+GTX1660Ti ストレージはHDD2台を使用

FHD解像度(1920:1080)にて
低:およそ118-206FPS
中:およそ76-206FPS
高:およそ85-173FPS
エピック:およそ61-102FPS

・Apex Legends

Xeon intel W5590+12GB+GTX1650 ストレージはHDD2台を使用

APEXは設定項目が個別なため割愛します。

Xeon intel W5590+12GB+GTX1660Ti ストレージはHDD2台を使用

APEXは設定項目が個別なため割愛します。

・PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)

Xeon intel W5590+12GB+GTX1650 ストレージはHDD2台を使用

FHD解像度(1920:1080)にて
非常に低い:およそ89-121FPS
低:およそ82-111FPS
中:およそ62-89FPS
高:およそ61-78FPS
ウルトラ:およそ46-60FPS

Xeon intel W5590+12GB+GTX1660Ti ストレージはHDD2台を使用

FHD解像度(1920:1080)にて
非常に低い:およそ66-140FPS
低:およそ36-127FPS
中:およそ59-110FPS
高:およそ56-105FPS
ウルトラ:およそ50-106FPS

Xeon intel W5590+12GB+GTX1060-6GB ストレージはHDD2台を使用

FHD解像度(1920:1080)にて
非常に低い:およそ59-133FPS
低:およそ83-129FPS
中:およそ82-128FPS
高:およそ65-112FPS
ウルトラ:およそ53-85FPS

ベンチマーク比較

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

費用とスコアの比較

(2019/03/01時点の価格.Comさん検索での最安値)

FF14紅蓮スコア 価格 1スコア(円)
GTX1060-6GB 13104 26500 2.02
GTX1070 16115 40800 2.53
GTX1070Ti 17199 47800 2.78
GTX2060 17382 41904 2.41
GTX1660Ti 15392 35980 2.34

(2019/04/25時点の価格.Comさん検索での最安値)

FF14紅蓮スコア 価格 1スコア(円)
GTX1060-6GB 13104 21143 1.61
GTX1660 13529 27869 2.06
GTX1050Ti 7731 16006 2.07
GTX1660Ti 15229 32940 2.16
GTX2060 17382 37159 2.14
GTX1070 16115 44980 2.79
GTX1070Ti 17199 53800 3.13
GTX1650 9328 19418 2.08

ライトゲーマーに愛用されていると言っても過言ではないGTX1060がやはり圧倒的にコスパが良いようです。

セールで値下げしている際は、6GBモデルが19800円程度で購入できる為、更にコスパは上がります。

市場に流れている分で終了となっているGTX1070.1070Tiに関しては3月と比較するとプレミア価格になってしまい逆に高くなってきています。

その反面今からのGTX1660.GTX1660Tiなどに関しては徐々に値下がりを見せていることも分かります。

また、この比較だけで言えばGTX1660Tiのスコアと価格が割に合っていないようにも見えます。

そんな中でRTX2060がRTX価格にも関わらず2.41と1070や1070Tiよりも今ではコスパが良くなっているようです。

今回のベンチマークの比較がFF14紅蓮のリベレーターによるものなので、RTX2060の強みであるRTXやDLSSが生かしきれていません。

RTXシリーズはRTXやDLSSに対応したタイトルを動作させた場合、GTXシリーズの1.3~1.5倍程度、15~20FPS程度の増加が見込めますが、逆に対応していないタイトルを動作させた場合のパフォーマンスはGTX1070Ti~1080あたりの挙動になってくると私は考えています。

今から買い換える場合は・・・

あくまで個人的な意見になるので予算に余裕があるようであればそれこそ2080Tiを贅沢に何枚でも買って増設することが出来ると思いますが、

日常生活で使用する場合や、デイトレ程度であれば今ついているビデオカードでも十分快適に動作すると思われるのでそのままで大丈夫だと思います。(デイトレ等のモニターを複数使用する場合は必ずグラボの出力可能数を確認下さい。)

若干動画を見ているとカクつく場合などは、ビデオカード要因で発生している場合があるので買い替えを視野に入れたほうがいいかもしれません。

動画サイトでHD FHD 2K 4Kを快適に見るにはどれ位の性能が必要?

出来る限り予算を抑えたい場合は、GT710やGT1030がいいかなと思いますが性能としてはとても高い訳ではありませんのであくまで日常生活程度で使用する割り切りが必要です。

スリムタイプで電源ユニット容量の限界まで性能を伸ばしたい。ゲーム高画質寄りで快適に遊びたいなどを視野に考えている方は、GTX1050Ti、GTX1650の購入をオススメします。

GTX1050TiやGTX1650であれば、ミドルゲームをFHD解像度で快適なプレイは勿論、最新の重いゲームですらCPUにも寄りますが、FHD解像度程度であれば、最高画質設定で60FPSをギリギリ維持できそうな状態まで持っていくことが可能です。

GTX1050Ti、GTX1650は補助電源が不要にも関わらず性能が高いのでお手軽にパワーアップできるカードの1つです。

動画編集などや画像編集で使う場合にはCPUに負荷がかかるソフトだったり、作業が業務レベルと比べれば遊び程度であればこの程度のビデオカードでも選択の1つになるかもしれませんが、GPUメインで処理するソフトやバックグラウンドでGPUに負荷がかかるソフトも最近では多いのでやはりRTX2080Tiなどのハイエンドカードを選択したほうがいいと思います。

一番悩みどころのゲーム用途で使う場合ですが、これは予算と将来性等で分かれてしまうのかなと思います。

価格で言えば当然新しいものが発売されれば古いものが安くなるので安く買ってなおかつパフォーマンスを上げたいのであればGTX1060-6GBモデル1択なのかなと思います。今から市場に出回っている最後のGTX1060が入れ替えのため値下げをはじめるので新品で激安で買うには今がチャンスだと思います。

GTX1060-3GBは新しく出てきているゲームのタイトルをプレイした場合にどうしてもビデオメモリが足りずに高画質でプレイするとカクついてしまうので6GBあれば高画質よりの設定でも快適さを維持しながらプレイすることが可能です。

GTX1060-6GBであれば今最近のゲームでもFHD解像度で高画質設定でも60FPSまたは少し設定を下げてあげれば十分に維持できる性能を持っているので予算が限られている方はまず1060を視野に入れていただきたいカードの1つです。

1060以上の性能を考えている場合は自ずとGTX10XXシリーズが生産完了になっているため残っている選択肢はRTXシリーズになってくると思います。

RTX2060も手頃な値段でRTXやDLSSが使えるのでRTXシリーズの中では一番お気に入りのカードです。

個人的にはRTX2070を買うよりであれば我慢してRTX2080を買った方がいいと思っています。更に手が伸ばせそうならRTX2080Tiを掴みたいですが正直なところRTX2080Tiを今購入してもRTXシリーズに対応しているゲームタイトルが少ないのでRTX2060を購入してもう少し値下がりを待ってからRTX2080やRTX2080Tiを視野に入れたいと思います。

ただし、4Kで60FPS以上や144hzを常に維持したい等が理由の場合にはRTX2060では非力すぎるのでRTX2080Tiをオススメします。

 

微妙な時期にハイエンドカードを買ってしまった場合は、なかなか乗り換えタイミングが難しいかもしれませんが、私としてはまだまだそのカードは高性能だと思います。4Kや144FPSを目指さないのであれば壊れるまで使っていてもいいのかなと思います。

GTX780TiあたりのカードであればフォートナイトをFHD+エピック設定で60FPSを維持できる位のパフォーマンスはありますし、

GTX970であればPUBGをFHD+高設定でも快適に近い状態で出来るパフォーマンスはあります。

どうしてもここから変更するのであればGTX1060-6GBでも十分体感で性能が向上しているのが実感出来るかと思います。

GTX980だとビデオメモリが4GBなのでGTX1060-3GBより高い性能を発揮できる場合がありますし、GTX980TiであればGTX1070以上のパフォーマンスを発揮できる場面もあります。

980や980Tiあたりのカードからの変更は1060や1070程度ではあまり実感出来ない可能性が高いのでやはり値下がりのタイミングを見計らいながらRTXシリーズを狙うのがいいかもしれません。

GTX1650現段階での各メーカーモデルとの比較

モデルまたはコード ベースクロック ブーストクロック
NVIDIA 1485MHz 1665MHz
ZOTAC ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC 1485MHz 1695MHz
GALAX GALAX GeForce® GTX 1650 EX (1-Click OC) 1485MHz 1680MHz
GIGABYTE GeForce® GTX 1650 GAMING OC 4G 1485MHz 1815MHz
GeForce® GTX 1650 WINDFORCE OC 4G 1485MHz 1785MHz
GeForce® GTX 1650 OC 4G 1485MHz 1710MHz
GeForce® GTX 1650 MINI ITX OC 4G 1485MHz 1680MHz
COLORFUL iGame GeForce GTX 1650 Ultra 4G-V 1485MHz 1860MHz
Colorful GeForce GTX 1650 4G-V 1485MHz 1680MHz
Colorful GeForce GTX 1650 NB 4G-V 1485MHz 1785MHz
PALIT GeForce® GTX 1650 Dual OC 1485MHz 1815MHz
GeForce® GTX 1650 Dual 1485MHz 1665MHz
GeForce® GTX 1650 StormX OC+ 1485MHz 1725MHz
GeForce® GTX 1650 StormX+ 1485MHz 1665MHz
GeForce® GTX 1650 StormX OC 1485MHz 1725MHz
GeForce® GTX 1650 StormX 1485MHz 1665MHz
INNO3D INNO3D GEFORCE GTX 1660 TWIN X 2 1485MHz 1785MHz
INNO3D GEFORCE GTX 1650 COMPACT 1485MHz 1665MHz
MSI GTX 1650 GAMING X 4G 1485MHz 1860MHz
GTX 1650 VENTUS XS 4G OC 1485MHz 1740MHz
GTX 1650 AERO ITX 4G OC 1485MHz 1740MHz
GeForce GTX 1650 AERO ITX 4G 1485MHz 1665MHz
GeForce GTX 1650 VENTUS XS 4G 1485MHz 1665MHz
GeForce GTX 1650 VENTUS XS 4G OC 1485MHz 1740MHz
ASUS PH-GTX1650-O4G 1485MHz 1710MHz
PH-GTX1650-O4G(DualFan) 1485MHz
ROG-STRIX-GTX1650-4G-GAMING 1485MHz 1695MHz
ROG-STRIX-GTX1650-A4G-GAMING 1485MHz
ROG-STRIX-GTX1650-O4G-GAMING 1485MHz
玄人志向 GF-GTX1650-E4GB/OC/DF 1485MHz 1680MHz
PNY PNY GeForce® GTX 1650 XLR8 Gaming Overclocked Edition 1485MHz 1725MHz
EVGA EVGA GeForce GTX 1650 XC Ultra GAMING 1485MHz 1875MHz
EVGA GeForce GTX 1650 SC Ultra Black GAMING 1485MHz 1665MHz
EVGA GeForce GTX 1650 XC Black GAMING 1485MHz 1665MHz
EVGA GeForce GTX 1650 SC Ultra GAMING 1485MHz 1860MHz
EVGA GeForce GTX 1650 XC GAMING 1485MHz 1860MHz
EVGA GeForce GTX 1650 XC Ultra Black GAMING 1485MHz 1665MHz
Manli M-NGTX1650/5RDHD-M1434 1485MHz 1665MHz
ELSA 1485MHz

GTX1660現段階での各メーカーモデルとの比較

モデルまたはコード ベースクロック ブーストクロック
NVIDIA GTX1660 1530MHz 1785MHz
ZOTAC ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 AMP 6GB GDDR5 1530MHz 1845MHz
ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 6GB GDDR5 1530MHz 1785MHz
GALAX GALAX GeForce® GTX 1660 1530MHz 1785MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 EX (1-Click OC) 1530MHz 1845MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 EX White (1-Click OC) 1530MHz 1845MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 (1-Click OC) 1530MHz 1815MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 White Mini (1-Click OC) 1530MHz 1815MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 Mini (1-Click OC) 1530MHz 1815MHz
GIGABYTE GeForce® GTX 1660 GAMING OC 6G 1530MHz 1860MHz
GeForce® GTX 1660 GAMING 6G 1530MHz 1785MHz
GeForce® GTX 1660 OC 6G 1530MHz 1830MHz
GeForce® GTX 1660 MINI ITX OC 6G 1530MHz 1800MHz
COLORFUL iGame GeForce GTX 1660 Ultra 6G 1530MHz 1860MHz
Colorful GeForce GTX 1660 6G 1530MHz 1785MHz
iGame GeForce GTX 1660 Advanced OC 6G 1530MHz 1875MHz
Colorful GeForce GTX 1660 NB 6G 1530MHz 1785MHz
PALIT GeForce® GTX 1660 Dual OC 1530MHz 1830MHz
GeForce® GTX 1660 Dual 1530MHz 1785MHz
GeForce® GTX 1660 StormX OC 1530MHz 1830MHz
GeForce® GTX 1660 StormX 1530MHz 1785MHz
INNO3D INNO3D GEFORCE GTX 1660 TWIN X2 1530MHz 1785MHz
INNO3D GEFORCE GTX 1660 GAMING OC X2 1530MHz 1815MHz
INNO3D GEFORCE GTX 1660 COMPACT 1530MHz 1785MHz
MSI GEFORCE® GTX 1660 GAMING X 6G 1530MHz 1860MHz
GeForce GTX 1660 GAMING 6G 1530MHz 1800MHz
GeForce GTX 1660 ARMOR 6G OC 1530MHz 1845MHz
GeForce GTX 1660 ARMOR 6G 1530MHz 1800MHz
GeForce GTX 1660 VENTUS XS 6G OC 1530MHz 1830MHz
GeForce GTX 1660 VENTUS XS 6G 1530MHz 1785MHz
GeForce GTX 1660 AERO ITX 6G OC 1530MHz 1830MHz
GeForce GTX 1660 AERO ITX 6G 1530MHz 1785MHz
ASUS TUF-GTX1660-O6G-GAMING 1530MHz 1845MHz
TUF-GTX1660-6G-GAMING 1530MHz 1815MHz
PH-GTX1660-O6G 1530MHz 1830MHz
PH-GTX1660-6G 1530MHz 1815MHz
玄人志向 GF-GTX1660-E6GB/OC/DF 1530MHz 1800MHz
GF-GTX1660-E6GB/OC/DFC1 1530MHz 1800MHz
PNY PNY GeForce GTX™ 1660 XLR8 Gaming Overclocked Edition 1530MHz 1830MHz
PNY GeForce® GTX 1660 6GB Blower 1785MHz
EVGA EVGA GeForce GTX 1660 XC Black GAMING 1530MHz 1785MHz
EVGA GeForce GTX 1660 XC GAMING 1530MHz 1830MHz
EVGA GeForce GTX 1660 XC Ultra GAMING 1530MHz 1845MHz
Manli Manli GeForce® GTX 1660 Gallardo 1530MHz 1830MHz
Manli GeForce® GTX 1660 Heatsink with Blower Fan 1530MHz 1785MHz
Manli GeForce® GTX 1660 1530MHz 1785MHz
ELSA 1530MHz

GTX1660Ti現段階での各メーカーモデルとの比較

モデルまたはコード ベースクロック ブーストクロック
NVIDIA GTX1660Ti 1500MHz 1770MHz
ZOTAC ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 Ti 6GB 1500MHz 1770MHz
ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 TiAMP6GB 1500MHz 1860MHz
GALAX GALAX GeForce® GTX 1660 Ti (1-Click OC) 1500MHz 1800MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 Ti EX(1-Click OC) 1500MHz 1830MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 Ti EX White (1-Click OC) 1500MHz 1830MHz
GALAX GeForce® GTX 1660 Ti White Mini (1-Click OC) 1500MHz 1830MHz
GIGABYTE AORUSGeForce®GTX 1660 Ti 6G 1500MHz 1890MHz
GeForce® GTX 1660 Ti GAMING OC 6G 1500MHz 1860MHz
GeForce® GTX 1660 Ti WINDFORCE OC 6G 1500MHz 1845MHz
GeForce® GTX 1660 Ti WINDFORCE 6G
GeForce® GTX 1660 Ti OC 6G 1500MHz 1800MHz
GeForce® GTX 1660 Ti MINI ITX OC 6G 1500MHz 1785MHz
COLORFUL iGame GeForce GTX 1660 Ti Ultra 6G 1500MHz 1845MHz
Colorful GeForce GTX 1660 Ti 6G 1500MHz 1770MHz
Colorful GeForce GTX 1660 Ti NB 6G 1500MHz 1770MHz
iGame GeForce GTX 1660 Ti Advanced OC 6G 1500MHz 1860MHz
Colorful GeForce GTX 1660 Ti SI 6G-V 1500MHz 1770MHz
PALIT GeForce® GTX 1660 Ti StormX OC 1500MHz 1815MHz
GeForce® GTX 1660 Ti StormX 1500MHz 1770MHz
GeForce® GTX 1660 Ti Dual 1500MHz 1770MHz
GeForce® GTX 1660 Ti Dual OC 1500MHz 1815MHz
INNO3D INNO3D GEFORCE GTX 1660 TI TWIN X2 1500MHz 1770MHz
INNO3D GEFORCE GTX 1660 TI GAMING OC X2 1500MHz 1800MHz
INNO3D GEFORCE GTX 1660 TI COMPACT 1500MHz 1770MHz
MSI GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G 1500MHz 1770MHz
GeForce GTX 1660 Ti AERO ITX 6G OC 1500MHz 1830MHz
GeForce GTX 1660 Ti VENTUS XS 6G 1500MHz 1770MHz
GeForce GTX 1660 Ti VENTUS XS 6G OC 1500MHz 1830MHz
GeForce GTX 1660 Ti ARMOR 6G 1500MHz 1800MHz
GeForce GTX 1660 Ti ARMOR 6G OC 1500MHz 1860MHz
GeForce GTX 1660 Ti GAMING 6G 1500MHz 1800MHz
GeForce GTX 1660 Ti GAMING X 6G 1500MHz 1875MHz
ASUS TUF-GTX1660TI-O6G-GAMING 1500MHz 1830MHz
TUF-GTX1660TI-6G-GAMING 1500MHz 1800MHz
DUAL-GTX1660TI-6G 1500MHz 1800MHz
DUAL-GTX1660TI-O6G 1500MHz 1830MHz
PH-GTX1660TI-6G 1500MHz 1800MHz
PH-GTX1660TI-O6G 1500MHz 1815MHz
ROG-STRIX-GTX1660TI-A6G-GAMING 1500MHz 1830MHz
ROG-STRIX-GTX1660TI-6G-GAMING 1500MHz 1800MHz
ROG-STRIX-GTX1660TI-O6G-GAMING 1500MHz 1890MHz
玄人志向 GF-GTX1660Ti-E6GB/DF 1500MHz 1785MHz
GK-GTX1660Ti-E6GB/MINI 1500MHz 1815MHz
PNY PNY GeForce GTX™ 1660 Ti XLR8 Gaming Overclocked Edition 1500MHz 1815MHz
PNY GeForce® GTX 1660 Ti 6GB Blower 1500MHz 1770MHz
EVGA EVGA GeForce GTX 1660 Ti XC Ultra GAMING 1500MHz 1860MHz
EVGA GeForce GTX 1660 Ti XC GAMING 1500MHz 1845MHz
EVGA GeForce GTX 1660 Ti XC Black GAMING 1500MHz 1770MHz
Manli Manli GeForce® GTX 1660 Ti Heatsink with Blower Fan 1500MHz 1770MHz
Manli GeForce® GTX 1660 Ti 1500MHz 1770MHz
ELSA 1500MHz

OC mode,Gaming modeが存在するメーカーについての表記は高い方をブーストクロックの項目へ記載しています。
記載には十分注意しておりますが、海外の情報と混在して記載していたり、万が一の記載ミスがある場合が御座います。

また、各メーカーで初期の製品情報が更新されている場合があるため仕様に変更がある場合が御座います。
購入の際は必ず公式メーカー製品情報や販売サイトの製品情報等を十分確認してからご購入下さい。