Dark Fracture Prologue【Steam】動作検証と推奨スペック
ゲーム

Dark Fracture Prologue【Steam】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Dark Fracture Prologueになります。

Dark Fracture Prologueは、2020年8月26日にリリースされています。

ジャンル:アクション, アドベンチャー, 無料プレイ, インディー, シミュレーションとなっています。

 

Dark Fracture Prologueの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows® 7, 8, 10
プロセッサー: Intel® Core i3 equivalent or higher
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA® GeForce GTX 560 or AMD® Radeon R7 250X
DirectX: Version 10
ストレージ: 3 GB 利用可能

推奨:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows® 7, 8, 10
プロセッサー: Intel® Core i7-4770k equivalent or higher
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: NVIDIA® GeForce GTX 1050 or AMD® Radeon 520
DirectX: Version 12
ストレージ: 3 GB 利用可能

引用:https://store.steampowered.com/app/1389160/Dark_Fracture_Prologue/

Dark Fracture Prologueの動作検証に使用したPC

Peco
モデル1CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-16GB
ストレージ:SSD480GB + HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL90%)
サウンドボード:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 10 pro 64ビット
モニター:LGULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-16GB
ストレージ:SSD480GB
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Dark Fracture Prologueの動作検証

【XeonW3690 + GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定でプレイをした際、60(30)FPSをある程度維持することが出来ました。

GPUの性能がギリギリのため、予算に余裕があればもうすこし上位の性能をオススメします。

CPU利用率:およそ20%

GPU使用率:およそ99%

メインメモリ使用率:およそ8GB

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますので、そこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、処理の負荷がより多くかかってしまう大人数対人戦、レイドバトルやMOD等を使用する場合にはグラフィックボード、CPUの性能を高めに計算する様に心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、

低予算で高性能であればGTX1660TiやGTX1660SUPER(旧世代のGTX980TiやGTX1070程度)などを、

RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060(GTX1080程度)を、

ハイエンドを安く!という方であればRTX3070を買うのがいいのではないかと思います。

 

Dark Fracture PrologueをGeforce Nowでプレイ

どうしても現状のままで快適に動作させたい場合や、通勤・通学の移動中等のPC以外で操作したい方、ちょっと今のスペックで足りていないと感じた場合は、別記事で紹介させていただいているGeForce NOWを使用していただくことで軽くなる場合があります。

勿論対応していないゲームタイトルもあるので注意が必要ですが、個人的には是非オススメしたいツールです。

 

Dark Fracture Prologueにおすすめのグラボ

ビデオカードの性能比較に関しては、下記の比較表を参考にしてください。

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU CPU / i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060-6G 13104
GTX1650SUPER 13159
GTX1660 13529
GTX1660SUPER 15011
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2070SUPER 19901
RTX2080 20059
RTX2080SUPER 20549
RTX2080Ti 21223
TITAN RTX

Dark Fracture Prologueのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作法となっています。

言語については日本語がサポートされていません。

 

このゲームについて・・・

ダークフラクチャー:プロローグは、一人称の心理的ホラー体験ダークフラクチャーの紹介の章です。

この無料のスタンドアロンゲームでは、苦しめられた精神の内面の混乱に直面することがどのようなものかを味わうことができます。現実と想像力の間の障壁が崩れるにつれて、あなたの周りの世界が変化するのを目撃してください。

アメリカ北東部の森林地帯にある90年代後半に設定されたダークフラクチャーは、ボディファームの不気味な環境にあなたを連れて行きます–分解研究施設。あなたは悲劇的な過去に苦しめられた孤独な個人であるエドワードとして世界に入ります。彼の唯一の慰めは彼が一日を乗り切るのを助ける薬にあります。エドワードは、彼の職場の孤独によってのみ激化する彼の問題にほとんど対処することができません。彼は勇敢な前線に立ち、毎日忠実に仕事のために目を覚ます。彼のルーチンは彼の唯一のアンカーとして機能しますが、奥深くで、問題は煮えています...

ある夜、恐ろしい真夜中のシフトをしている間、現実の構造そのものが解き放たれ、彼の周りにねじれているように見えるので、一連の不穏な出来事がエドワードを彼の正気を失うことにこれまで以上に近づけます。彼の自傷行為の無関心の慰めは彼の足元から引き出されており、運命の残酷な手は再び彼を災害に向けて動かしています-それはエドワードの全世界を影に巻き込む恐れがあります。

エドワードの心が彼に悪ふざけをしているだけですか?それとも、彼のかかとに何か暗いものがあり、彼を奥深くに引きずり込むと脅しているのでしょうか?あなたはそれを理解する必要があり、あなたがする選択は彼の恐ろしい物語の結果を形作るでしょう。

🔦あいまいな物語:あなたの周りで起こっている不可解な出来事を乗り越えようとしながら、ボディファームを取り巻く謎を解き明かしてください。何も、誰も信用しない。

🔦複雑なキャラクター:エドワードの精神を深く掘り下げ、意図が明確ではない他の従業員に会います-彼らは友人ですか、それとも敵ですか?

🔦異世界の探検:恐ろしい平行次元のビジョンを体験してください。しかし、その世界は存在するのでしょうか、それともすべてエドワードの頭の中にあるのでしょうか。

🔦意思決定:ゲームで行う意思決定は、エドワードの運命に影響を与えます。彼を救うか非難しますか?賢明にあなたの選択をしてください。

🔦正気度メーター:あなたの正気は生き残るための鍵です。邪魔なイベントはゲーム全体の進行を妨げ、決意を奪います。あなたのつかの間の正気のグリップを締めるためにあなたができるすべてをしなさい。

🔦手続き的に生成された超常現象:正気度メーターによって変化することに加えて、遭遇とビジョンは常に設定された瞬間に発生するとは限りません。各プレイスルー中に予期しないことを予期してください。

🔦サバイバルホラーゲームプレイ要素:冒険の進行に役立つ重要なアイテムを検索し、生き残るためにリソースを慎重に管理します。そして、暗闇にとどまらないでください!

🔦物理ベースのパズル:物理オブジェクトと対話し、それらを運んだり操作したりして問題を解決します。

🔦二刀流:一度に2つのアイテムを使用することで、ツールの補完的な使用法を戦略化し、障害を克服することができます。

🔦芸術的なインスピレーション:ゲームの豊かで没入型の環境は、ズジスワフベクシンスキのシュールレアリストの絵画や、HRギーガーの肉のような作品からインスピレーションを得ています。

注:リストされている機能の一部は、完全なダークフラクチャーエクスペリエンスでのみ表示されます。

[/ su_quote]

 

▼是非この機会に、Dark Fracture Prologue 遊んでみては如何でしょうか?

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため、頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたが、こちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非酷使しているアナタにオススメします。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。

ゲームの紹介をする際に英語をGoogle翻訳でダイレクトに引用させていただく際に不自然な文章になっている場合が御座います。

本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。

Leave feedback about this

  • Quality
  • Price
  • Story

PROS

+
Add Field

CONS

+
Add Field
Choose Image
Choose Video
X