Amnesia: Rebirth【Steam】動作検証と推奨スペック
ゲーム

Amnesia: Rebirth【Steam】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Amnesia: Rebirthになります。

Amnesia: Rebirthは、2020年10月20日に発売されています。

ジャンル:アドベンチャー, インディーとなっています。

 

Amnesia: Rebirthの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 / 8 / 10, 64-bits
プロセッサー: Core i3 / AMD FX 2.4Ghz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: OpenGL 4.0, Nvidia GTX 460 / AMD Radeon HD 5750 / Intel HD 630
ストレージ: 35 GB 利用可能

推奨:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 / 8 / 10, 64-bits
プロセッサー: Core i5 / Ryzen 5
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: OpenGL 4.3, Nvidia GTX 680 / AMD Radeon RX 580 / Intel Xe-HPG
ストレージ: 35 GB 利用可能

引用:https://store.steampowered.com/app/999220/Amnesia_Rebirth/

Amnesia: Rebirthの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1

CPU intel Xeon W3690(6Core12Tread)2011年発売
メモリ DDR3-24GB
GPU GTX1060-6GB(PL90%)2016年発売
ストレージ SSD480GB + HDD1TB(ゲームは主にHDDへインストール)
サウンドボード(音質悪いです><) Sound Blaster 5.1 VX/2008年発売
OS Windows 10 pro 64bit
モニター LGULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-16GB
ストレージ:SSD480GB
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

Amnesia: Rebirthの動作検証

【XeonW3690 + GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定でプレイをした際、60(30)FPSをある程度維持することが出来ました。

 

CPU利用率: およそ20%
GPU使用率: およそ50%
メインメモリ使用率: およそ6GB

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますので、そこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、処理の負荷がより多くかかってしまう大人数対人戦、レイドバトルやMOD等を使用する場合には、

グラフィックボード、CPUの性能を高めに計算する様に心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算や時期にもよりますが、

低予算で高性能かつレイトレーシングを楽しみたい方はRTX3050をオススメします。

ビデオメモリも8GBと大容量のため、そうそうクライアントがプレイ中に落ちることはないでしょう。

ハイエンドを安く!という方であればRTX3070を買うのがいいのではないかと思います。

 

Amnesia: RebirthをGeforce Nowでプレイ

本タイトルがどうしても現状のままで快適に動作させたい場合や、通勤・通学の移動中等のPC以外で操作したい方、ちょっと今のスペックで足りていない、重いと感じた場合は、別記事で紹介させていただいているGeForce NOWを使用していただくことで軽くなる場合があります。(現時点で未対応の場合がありますが続々追加されております)

フリープランであれば月額料金は0円となります、利点が多く登録して損はないかと思います。

勿論対応していないゲームタイトルもあるので注意が必要ですが、随時タイトルも追加されるため個人的には是非オススメしたいツールです。

 

Amnesia: Rebirthにおすすめのグラボ

ビデオカードの性能比較に関しては、下記の比較表を目安にしてください。

最新のゲームタイトルでもおおよそGTX1060(6GB)程度のグラボを搭載していれば、高画質+FHDで60FPSを維持する事は可能です。

60FPSを超えるフレームレートでの快適なプレイ、FHDを超える高解像度での快適なプレイは既存スペックの数倍必要になります。

※全てのゲームタイトルでの動作がこの限りではありません。

下へ行くほど性能が高いグラフィックボードとなります。

当サイトで検証したベンチマーク等を基に掲載しているため、カードのスコアによって順位が他のサイトと異なっている部分がありますが、変更せずに更新したいと思います。

Nvidia GeForce AMD Radeon FHD+高画質目安
GTX750 Ti
GTX660 R7 265
GTX660 Ti R9 270X
GTX670 HD 7950
GTX 1050 RX 560 4G
GTX 960 R9 280
GTX1050Ti R9 285
GTX 680 R9 280X
GTX770 R9 380
GTX1650
GTX970 R9 390
GTX780Ti R9 290X
GTX980 R9 Fury
GTX690
GTX1060-6G RX 580 8GB
GTX1650SUPER
GTX1660
GTX1660SUPER
RTX3050
GTX1660Ti
GTX1070 RX Vega 56
GTX980Ti R9 Fury X
GTX1070Ti
RTX2060 RX5600XT
GTX1080
RTX2070 RX6600
RTX2060SUPER RX5700
RTX3060
GTX1080Ti
RTX2070SUPER RX5700XT
RTX2080 RX6600XT
RTX2080SUPER
RTX3060Ti
TITAN RTX
RTX2080Ti RX6800
RTX3070
RTX3070Ti
RTX3080 RX6800XT
RTX3090 RX6900XT
RTX3080Ti

 

 

▼余裕を持ったビデオメモリ8GB、レイトレーシングを体験したいあなたに!

 

 

Amnesia: Rebirthのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作法となっています。

言語については日本語が対応されておりません。

 

このゲームについて・・・


息を吐くことは許されない。怪物は目の前に。目的はただ1つ、あなたの恐怖心を肥やすこと。そして闇にうずくまり、湧き上がる恐怖を抑えようとする。内に潜む何かを静めようとする。

「お前を知っている。お前の力を私は知っている。」

Amnesia: Rebirthでは、あなたはアルジェリアの砂漠の底で目覚めたタシュ・トリアノンを操作します。そこではすでに数日が過ぎていました。ここはどこなのか?自分は何をしたのか?他の人々はどこへ行ったのか?旅を振り返り、閉ざされた過去の欠片を集めていきましょう。それこそが、あなたを貪り食おうとする無慈悲な恐怖から生き残る、唯一の方法なのだから。

「怒りに、恐怖に身を任せるな。」

残された時間は多くはありません。タシュを操作して、彼女の抱える恐怖と痛みの中を導いてあげましょう。荒廃した空間を切り進む一方で、自身が持つ希望や恐怖、悲痛な後悔とも向き合わなくてはなりません。失敗すればすべてを失うことを知りながら、それでも前へ進むしかないのです。

ホラー要素抜きでストーリーと冒険を楽しみたい方向けのアドベンチャーモードを選択することもできます。

 

▼是非この機会に、Amnesia: Rebirth 遊んでみては如何でしょうか?

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため、頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたが、こちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非酷使しているアナタにオススメします。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。

ゲームの紹介をする際に英語をGoogle翻訳でダイレクトに引用させていただく際に不自然な文章になっている場合が御座います。

本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。

X