Zombie Driver HD【Steam】動作検証と推奨スペック

12月6日 3時00分までにゲットすれば、今後も無料でキープできる! いくつかの制限が適用されます。

 

今回紹介するゲームタイトルは、Zombie Driver HDになります。

Zombie Driver HDは、2012年10月18日にSteamよりリリースされています。

ジャンルは、アクション, インディ, レースとなっています。

Zombie Driver HDの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

OS: Windows 8/7/Vista/XP
Processor: 1.5 GHz dual core processor
Memory: 1 GB
Graphics: 256 MB DirectX 9.0c compatible or better video card with pixelshader 3.0
DirectX®: DirectX 9.0c
Hard Drive: 2 GB
Sound: DirectX 9.0c compatible sound card

推奨:

OS: Windows 8/7/Vista/XP
Processor: 2.0 GHz dual core processor
Memory: 2 GB
Graphics: 512 MB DirectX 9.0c compatible or better video card with pixelshader 3.0
DirectX®: DirectX 9.0c
Hard Drive: 2 GB
Sound: DirectX 9.0c compatible sound card

引用:https://store.steampowered.com/app/220820

Zombie Driver HDの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Zombie Driver HDの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定の状態でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ました。

FHD設定にてCPU10%,GPU40%,メモリ5GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

 

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますのでそこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、既存のゲームタイトルよりも推奨スペックが高いためMOD等を使用する場合には高めの準備を心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Tiを、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060を買うのがいいのではないかと思います。

 

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

Zombie Driver HDのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作法となっています。

言語については日本語が無いため英語になります。

 

世界観やゲームシステムの特徴として、

「あなたの車両が大幅にアップグレードされ、ロケットランチャーまたはレールガンで次の大群を刈り込みながら次の大群を襲撃できるときが最高です。殺すたびに現金が稼がれるので、通路が残した巨大な赤い血液プールのうんざりするようなスリルに加えて、購入できる新しいおもちゃに興奮します。」
PCゲーマー

「一度に何百ものゾンビに直面するでしょう」 、およびディスパッチの行為は、それがoughttaとして満たすように正確である。」
Destructoid

シンプルが正常に動作している原因『腐った肉用激怒狩りは、筋金入りのゾンビ愛好家の顔に笑顔を塗っている。』
Eurogamer.de

このゲームについて

車、スピード、爆発、血、ゾンビの狂ったミックス!壮大な物語キャンペーンで戦うか、スローターモードとブラッドレースモードで自分をテストしてください。巨大なボスと交戦し、生存者を救い、ブルドーザー、消防車、戦車などのクレイジーな乗り物を運転し、すべてを破壊します。Blood Raceトーナメントに参加してください-他の車を追いかけ、残忍なレーストラックで容赦なくそれらを降ろしてください。スローターモードにジャンプして、特別に作成されたアリーナでできるだけ長く生き残ります。

巨大で無料のローミング都市での31のミッション、サブクエスト、ボーナス目標を含むストーリーモード:

  • 壮大なボスが巨大な変異ゾンビと戦う
  • ゾンビの巨大な波から主要なターゲットを守る
  • 生存者を救うための時間との戦い
  • 危険な貨物の輸送
  • 町の周りに反ゾンビ忌避剤を散布
  • 消防車、ブルドーザー、さらには戦車を含む13種類の車

3つの異なるゲームタイプで最高のアーケードレース体験を提供する30のユニークなイベントを備えたブラッドレースモード:

  • レース-銃とたくさんのゾンビで味付けされた古典的なレース。
  • エリミネーター-時間がなくなる前に、できるだけ多くの車両を降ろしてください。
  • 持久力-あなたの車とそのカチカチに爆弾があります。チェックポイントを駆け抜けて時間を延長してください。

巨大な殺人とダイナミックなアップグレードシステムを備えた7つのサバイバルアリーナを備えたスローターモード:

  • ゾンビの無限の波を介して戦います。
  • 車をその場でアップグレードします。
  • リーダーボードで友達と競います。
  • 何千ものゾンビを殺します。

  • 罪のないタクシーでも死の戦車に変えることができる9つの異なるアップグレード。
  • ミニガン、火炎放射器、ロケットランチャーまたはデュアルレールガン。
  • ゾンビ犬も含めた悪質なゾンビタイプ。
  • 高度なダイナミックコンボシステムで、試してみるためのトリックと大群のゾンビを備えています。
  • NVIDIAによるPhysX。

Steam専用のL4Dクラッシュコースレスキューバンがゲーム内で運転可能です。

今回の検証ではストーリーモードでプレイしましたが、タクシーがニトロを使い銃弾を放ちゾンビをバッタバッタと薙ぎ倒す爽快感が味わえる作品になっています。

生存者の救出をしながら帰路に帰る事でお金を得ることが出来てそのお金を使用して車両のアップグレードをすることが可能になります。

 

是非この機会に、Zombie Driver HD 遊んでみては如何でしょうか?

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたがこちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非大事にしていただけたらと思います。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。