Peco+Life > なんでもブログ > Windows10 デバイスマネージャー エラーコード

公開日:

マイクロソフトさんのWindows10デバイスマネージャー エラーコード一覧 修理用メモ

エラー コードとその解決方法
コード 1 「このデバイスは正しく構成されていません。 (コード 1)」
原因

コンピューターにデバイスのドライバーがインストールされていないか、ドライバーが正しく構成されていません。

推奨される解決方法

ドライバーを更新する

デバイスの [プロパティ] ダイアログ ボックスで[ドライバー] タブをクリックし、[ドライバーの更新] をクリックしてハードウェアの更新ウィザードを起動します。 画面の指示に従ってドライバーを更新します。 ドライバーの更新が正常に行われない場合、詳細についてはハードウェアのマニュアルを参照してください。

注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 Windows にはドライバーが組み込まれていることや、最後にデバイスをセットアップしたときのドライバー ファイルが引き続きインストールされていることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 3 「このデバイスのドライバーは壊れているか、… (コード 3)」
完全なエラー メッセージ

「このデバイスのドライバーは壊れているか、メモリまたは他のリソースが不足している状態でシステムが実行されている可能性があります。 (コード 3)」

原因

このデバイスのドライバーは壊れているか、メモリまたは他のリソースが不足している状態でシステムが実行されている可能性があります。 (コード 3)

推奨される解決方法

開いているアプリケーションをいくつか閉じる

コンピューターにデバイスを実行するのに十分なメモリがない場合は、いくつかのアプリケーションを閉じてメモリを使用可能にできます。 メモリとシステム リソース、および仮想メモリの設定を確認することもできます。

メモリとシステム リソースを確認するには、タスク マネージャーを開きます。 これを行うには、Ctrl + Alt + Del キーを押し、[タスク マネージャー] をクリックします。
仮想メモリの設定を確認するには、[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを開き、[詳細設定] タブをクリックしてから [パフォーマンス] 領域の [設定] をクリックします。
ドライバーをアンインストールして再インストールする

デバイス ドライバーが壊れている可能性があります。 デバイス マネージャーからドライバーをアンインストールし、新しいハードウェアをスキャンしてドライバーを再インストールします。

デバイスの [プロパティ] ダイアログ ボックスで、[ドライバー] タブをクリックし、[アンインストール] をクリックします。 表示される手順に従います。
コンピューターを再起動します。
デバイス マネージャーを開き、[操作] メニューの [ハードウェア変更のスキャン] をクリックします。 表示される手順に従います。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 Windows にはドライバーが組み込まれていることや、最後にデバイスをセットアップしたときのドライバー ファイルが引き続きインストールされていることがあります。 しかし場合によっては、新しいハードウェアのウィザードが開き、ドライバーを要求されます。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

RAM を増設する

追加のランダム アクセス メモリ (RAM) をインストールする必要がある場合があります。

コード 9 「このハードウェアを認識できません… (コード 9)」
完全なエラー メッセージ

「有効なハードウェア ID 番号がないため、このハードウェアを認識できません。 %s 詳細は、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。 (コード 9)」

原因

ハードウェアの無効なデバイス ID がPC によって検出されました。

推奨される解決方法

ハードウェア ベンダーへ問い合わせます。 ハードウェアまたはドライバーが壊れています。

コード 10 「このデバイスを開始できません。 (コード 10)」
完全なエラー メッセージ

「このデバイスを開始できません。 このデバイス用のデバイス ドライバをアップグレードしてください。 (コード 10)」

原因

通常、デバイスのハードウェア キーに “FailReasonString” 値が含まれていて、その値文字列が、ハードウェア製造元が定義したエラー メッセージとして表示されます。 ハードウェア キーに “FailReasonString” 値が含まれていない場合、上記のメッセージが表示されます。

推奨される解決方法

ドライバーを更新する

デバイスの [プロパティ] ダイアログ ボックスで[ドライバー] タブをクリックし、[ドライバーの更新] をクリックしてハードウェアの更新ウィザードを起動します。 画面の指示に従ってドライバーを更新します。

注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 12 「このデバイスが使用できる空きリソースが不足しています。 (コード 12)」
完全なエラー メッセージ

デバイスが使用できる空きリソースが不足しています。 このデバイスを使用する場合は、このシステム上のほかのデバイスを 1 つ無効にする必要があります。 (コード 12)

原因

このエラーは、コンピューターにインストールされた 2 つのデバイスに、同じ I/O ポート、同じ割り込み、または同じダイレクト メモリ アクセス チャネルが (BIOS、オペレーティング システム、またはその両方のいずれかによって) 割り当てられている場合に発生します。 このエラー メッセージは、BIOS によって十分なリソースがデバイスに割り当てられなかった場合にも表示されることがあります。

推奨される解決方法

Windows Vista 以降のバージョンの Windows

デバイス マネージャーを使用して、競合の場所を特定し、解決します。 デバイスの競合を解決する方法の詳細については、デバイス マネージャーの使用方法に関するヘルプ情報を参照してください。 このエラー メッセージは、BIOS によって十分なリソースがデバイスに割り当てられなかった場合にも表示されることがあります。 たとえば、マルチプロセッサ仕様 (MPS) テーブルが無効なため、BIOS が USB コントローラーに対する割り込みを割り当てられない場合に、このメッセージが表示されます。

Windows Server 2003、Windows XP および Windows 2000

デバイス マネージャーを開きます。
デバイス マネージャー ウィンドウで、デバイスを表すアイコンをダブルクリックします。
表示されるデバイス プロパティ シートで、[トラブルシューティング] をクリックして、デバイスのハードウェア トラブルシューティング ツールを起動します。
このエラー メッセージは、BIOS によって十分なリソースがデバイスに割り当てられなかった場合にも表示されることがあります。 たとえば、マルチプロセッサ仕様 (MPS) テーブルが無効なため、BIOS が USB コントローラーに対する割り込みを割り当てられない場合に、このメッセージが表示されます。

コード 14 「コンピューターを再起動するまでこのデバイスは正常に動作しません。 (コード 14)」
完全なエラー メッセージ

「コンピューターを再起動するまでこのデバイスは正常に動作しません。 To restart your computer now, click Restart Computer. (コード 14)」

推奨される解決方法

コンピューターを再起動します。 [スタート] から [シャットダウン] をクリックし、[再起動] を選択します。

コード 16 「このデバイスで使用される一部のリソースを認識できません。 (コード 16)」
完全なエラー メッセージ

「このデバイスで使用される一部のリソースを認識できません。 To specify additional resources for this device, click the Resources tab and fill in the missing settings. Check your hardware documentation to find out what settings to use. (コード 16)」

原因

デバイスは一部しか構成されておらず、デバイスで必要なリソースを手動で追加構成する必要がある可能性があります。

推奨される解決方法

次の手順はデバイスがプラグ アンド プレイ デバイスでないと機能しない場合があります。 デバイスがプラグ アンド プレイ デバイスでない場合は、デバイスのマニュアルで詳細を参照するか、デバイスの製造元に問い合わせてください。

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧から該当するデバイスをダブルクリックし、[リソース] タブを選択します。
[リソースの設定] 一覧で、リソースの隣に疑問符があるかどうかを確認します。 存在している場合、そのリソースを選択して、デバイスに割り当てます。
リソースを変更できない場合は、[設定の変更] をクリックします。 [設定の変更] が使用できない場合は、[自動設定を使用する] チェック ボックスをオフにして有効にします。
コード 18 「このデバイスのドライバーを再インストールしてください。 (コード 18)」
推奨される解決方法

ハードウェアの更新ウィザードを使用して、デバイス ドライバーを再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューで、[ドライバーの更新] をクリックして、ハードウェアの更新ウィザードを起動します。
デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 19 「このハードウェア デバイスを起動できません… (コード 19)」
完全なエラー メッセージ

レジストリ内の構成情報が不完全であるか、または壊れているためこのハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 19)

原因

デバイスに複数のサービスが定義されている場合、サービス キーを開く際にエラーが発生したか、サービス キーからドライバー名を取得できないとこのエラーが発生することがあります。

推奨される解決方法

ドライバーをアンインストールして再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

最新の正常なレジストリ設定に戻す

システムを最新の正常なレジストリ設定にロールバックするには、コンピューターをセーフ モードで再起動し、[前回正常起動時の構成を有効にする] オプションを選択するか、システム復元ポイントを作成済みの場合は、その復元ポイントを復元することができます。

Windows 10 の回復オプション

PC をバックアップおよび復元する (Windows 8.1)

Windows のシステム回復オプションとは (Windows 7)

コード 21 「このデバイスを削除しています… (コード 21)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスを削除しています。 (コード 21)

原因

このエラーは、Windows がデバイスを削除中であることを意味します。 しかし、デバイスはまだ完全には削除されていません。 このエラー コードは一時的なもので、デバイスのクエリおよび削除試行中にのみ存在します。

推奨される解決方法

Windows でデバイスの削除が完了するか、コンピューターが再起動するまで待機することができます。

数秒待ってから、F5 キーを押してデバイス マネージャーの表示を更新します。
問題が解決しない場合は、コンピューターを再起動します。 [スタート] をクリックして [シャット ダウン] をクリックし、次に [Windows のシャットダウン] ダイアログ ボックスで [再起動] を選択してコンピューターを再起動します。

コード 22 「このデバイスは無効になっています。 (コード 22)」
原因

デバイスは、ユーザーによってデバイス マネージャーで無効にされました。

推奨される解決方法

デバイス マネージャーで、[操作] をクリックしてから [デバイスの有効化] をクリックします。 デバイスの有効化ウィザードが起動します。 表示される手順に従います。

コード 24 「このデバイスは存在しないか、正常に動作していないか… (コード 24)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスは存在しないか、正常に動作していないか、または一部のドライバーがインストールされていません。 (コード 24)

原因

デバイスが正しくインストールされていません。 問題はハードウェアの障害にあるか、新しいドライバーが必要な場合があります。 デバイスは、削除される準備が整うと、その状態を維持します。 デバイスを削除すると、このエラーは表示されなくなります。

推奨される解決方法

デバイスを削除すると、このエラーは解決します。

コード 28 「このデバイスのドライバーがインストールされていません。 (コード 28)」
推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 29 「このデバイスは無効になっています…(コード 29)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスは、必要なリソースがデバイスのファームウェアから提供されなかったため無効になっています。 (コード 29)

推奨される解決方法

デバイスの BIOS でデバイスを有効にします。 この変更を行なう方法の詳細については、ハードウェアのマニュアルを参照するか、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

コード 31 「このデバイスは正常に動作していません… (コード 31)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスは、このデバイスに必要なドライバーを読み込めないため正常に動作していません。 (コード 31)

推奨される解決方法

ハードウェアの更新ウィザードを使用して、デバイス ドライバーを再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューで、[ドライバーの更新] をクリックして、ハードウェアの更新ウィザードを起動します。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 32 「このデバイスのドライバー (サービス) は無効になっています。 (コード 32)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスのドライバー (サービス) は無効になっています。 代わりのドライバーによりこの機能が提供される可能性があります。 (コード 32)

原因

レジストリで、このドライバーの開始の種類が無効に設定されています。

推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 33 「このデバイスに必要なリソースを指定できません。 (コード 33)」
原因

デバイスが必要とするリソースの種類を判断するトランスレーターが正常に動作しませんでした。

推奨される解決方法

BIOS セットアップ ユーティリティを使用するか、BIOS を更新します。
ハードウェアを構成、修理または交換します。
BIOS の更新、および」デバイスの構成または交換の方法の詳細については、デバイスのハードウェア ベンダーに問い合わせてください。

コード 34 「このデバイスの設定を特定できません… (コード 34)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスの設定を決定できません。 このデバイスのドキュメントを参照し、[リソース] タブで構成を設定してください。 (コード 34)

推奨される解決方法

デバイスは手動による構成が必要です。 ハードウェアのマニュアルを参照するか、デバイスを手動で構成する方法についてハードウェア ベンダーにお問い合わせください。 デバイス本体を構成した後、デバイス マネージャーの [リソース] タブを使用して Windows のリソース設定を構成できます。

コード 35 「このコンピューターのシステム ファームウェアには、…(コード 35)」
完全なエラー メッセージ

このコンピューターのシステム ファームウェアには、このデバイスを正しく構成して使用するのに必要な情報が十分に含まれていません。 このデバイスを使用するには、コンピューターの製造元に問い合わせ、更新されたファームウェアまたは BIOS を入手してください。 (コード 35)

原因

BIOS のリソース割り当てを格納するマルチプロセッサ システム (MPS) テーブルに、デバイスのエントリがないため、更新する必要があります。

推奨される解決方法

BIOS の更新についてコンピューターの製造元に問い合わせてください。

コード 36 「PCI 割り込みがこのデバイスによって要求されていますが、… (コード 36)」
完全なエラー メッセージ

PCI 割り込みがこのデバイスによって要求されていますが、このデバイスは ISA 割り込みに対して構成されています。(または、ISA 割り込みがこのデバイスによって要求されていますが、このデバイスは PCI 割り込みに対して構成されています。) コンピューターのシステム セットアップ プログラムを使ってこのデバイスの割り込みを再構成してください。 (コード 36)

原因

割り込み要求 (IRQ) の変換に失敗しました。

推奨される解決方法

BIOS で IRQ の予約設定を変更する

BIOS 設定を変更する方法の詳細については、ハードウェアのマニュアルを参照するか、コンピューターの製造元に問い合わせてください。 BIOS セットアップ ツールを使用して IRQ 予約の設定を変更することもできます (そのオプションが存在する場合)。 PCI (peripheral component interconnect) デバイスまたは ISA デバイスの特定の IRQ を予約するオプションが、BIOS にある場合があります。

(コード 37) 「このハードウェアのデバイス ドライバーを初期化できません。 (コード 37)」
原因

ドライバーが DriverEntry ルーチンを実行したときに、エラーが返されました。

推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

(コード 38) 「このハードウェアのデバイス ドライバの前のインスタンスが… (コード 38)」
完全なエラー メッセージ

このハードウェアのデバイス ドライバーの前のインスタンスがまだメモリ内にあるので、デバイス ドライバーを読み込むことができません。 (コード 38)

原因

前のインスタンスがまだロードされているため、ドライバーをロードできませんでした。

推奨される解決方法

コンピューターを再起動します。 [スタート] から [シャットダウン] をクリックし、[再起動] を選択します。

(コード 39) 「このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。 (コード 39)」
完全なエラー メッセージ

このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。 ドライバーが壊れているか、ドライバーがない可能性があります。 (コード 39)

推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 40 「このハードウェアのサービス キー情報がレジストリにないか、… (コード 40)」
完全なエラー メッセージ

このハードウェアのサービス キー情報がレジストリにないか、または正しく記録されていないので、ハードウェアにアクセスできません。 (コード 40)

原因

レジストリの、ドライバーのサービス サブキーの情報が正しくありません。

推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

(コード 41) 「このハードウェアのデバイス ドライバーを正常に読み込みましたが、… (コード 41)」
完全なエラー メッセージ

このハードウェアのデバイス ドライバーを正常に読み込みましたが、ハードウェア デバイスが見つかりません。 (コード 41)

原因

この問題は、プラグ アンド プレイでないデバイス用のドライバーをインストールしたが、Windows がデバイスを検出できない場合に発生します。

推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

(コード 42) 「既にシステム内で実行中の重複したデバイスがあるので、… (コード 42)」
完全なエラー メッセージ

既にシステム内で実行中の重複したデバイスがあるので、このハードウェアのデバイス ドライバーを読み込むことができません。 (コード 42)

原因

デバイスの重複が検出されました。 このエラーは、バス ドライバーが誤ってまったく同じ名前のサブプロセスを作成した場合 (バス ドライバー エラーと呼ばれます)、またはシリアル番号を持つデバイスが古い場所から削除される前に新しい場所で検出された場合に発生します。

推奨される解決方法

コンピューターを再起動します。 [スタート] から [シャットダウン] をクリックし、[再起動] を選択します。

コード 43 「問題が発生したのでこのデバイスは停止しました。 (コード 43)」
原因

デバイスを制御するドライバーの 1 つが、デバイスが何らかの形で故障したことをオペレーティング システムに通知しました。

推奨される解決方法

「まず以下の手順を試す」のトラブルシューティング ツールを既にファイル名を指定して実行した場合は、問題の診断の詳細についてハードウェアのマニュアルを参照するか、製造元に問い合わせてください。

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 44 「アプリケーションまたはデバイスによりこのハードウェア デバイスはシャットダウンされました。 (コード 44)」
推奨される解決方法

コンピューターを再起動します。 [スタート] から [シャットダウン] をクリックし、[再起動] を選択します。

コード 45 「現在このハードウェア デバイスはコンピューターに接続されていません。… (コード 45)」
完全なエラー メッセージ

現在このハードウェア デバイスはコンピューターに接続されていません。 この問題を修正するには、このハードウェア デバイスをコンピューターに再接続します。 (コード 45)

原因

このエラーは、以前コンピューターに接続されていたデバイスが、接続されていない場合に発生します。 この問題を解決するには、このハードウェア デバイスをコンピューターに再接続します。

推奨される解決方法

何もする必要はありません。 このエラー コードは、デバイスが切断された状態であることを示すためにのみ使用され、解決する必要はありません。 該当するデバイスをコンピューターに接続すると、このエラー コードは自動的に解決します。

コード 46 「オペレーティング システムがシャットダウン中のために、… (コード 46)」
完全なエラー メッセージ

オペレーティング システムがシャットダウン中のために、このハードウェア デバイスにアクセスすることはできません。 次にコンピューターを起動すると、ハードウェア デバイスは正常に機能します。 (コード 46)

原因

システムがシャット ダウン中のため、デバイスは利用できません。

推奨される解決方法

何もする必要はありません。 次にコンピューターを起動すると、ハードウェア デバイスは正常に機能します。 このエラー コードは、ドライバーの検証ツールが有効で、すべてのアプリケーションがすでにシャット ダウンされている場合のみセットされます。

コード 47 「このハードウェア デバイスをコンピューターから取り外す準備が… (コード 47)」
完全なエラー メッセージ

このハードウェア デバイスをコンピューターから取り外す準備が行われているがまだ取り外されていないため、そのデバイスを使用できません。 この問題を解決するには、デバイスを取り外してから再度取り付ける必要があります。 (コード 47)

原因

このエラー コードは、安全な取り外しアプリケーションを使用してデバイスの取り外しの準備をした場合、または物理的に取り出しボタンを押した場合のみ発生します。

推奨される解決方法

このデバイスをコンピューターから外し、接続し直します。それでもエラーが解決しない場合はコンピューターを再起動します。 [スタート] から [シャットダウン] をクリックし、[再起動] を選択します。

コード 48 「このデバイスのソフトウェアは、Windows での問題が確認されているため… (コード 48)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスのソフトウェアは、Windows での問題が確認されているため起動がブロックされました。 ハードウェアの製造元に連絡して、新しいドライバーを入手してください。 (コード 48)

推奨される解決方法

ハードウェア デバイスの製造元に連絡して、最新バージョンまたは更新されたドライバーを入手してください。 その後、コンピューターにインストールします。

コード 49 「システム ハイブが大きすぎるために (レジストリ サイズ… (コード 49)」
完全なエラー メッセージ

システム ハイブが大きすぎるために (レジストリ サイズの最大値を超過しています) 新しいハードウェア デバイスを開始できません。 (コード 49)

原因

システム ハイブが最大サイズを超え、新しいデバイスはサイズが縮小されるまで機能できません。 システム ハイブとは、オペレーティング システムがインストールされているコンピューターの構成に関係する情報を含む一連のファイルに関連付けられた、レジストリーの恒久的な部分です。 構成済み項目には、アプリケーション、ユーザー設定、デバイスなどが含まれます。 問題は、コンピューターに接続されていないが、依然としてシステム ハイブに記載されている特定のデバイスである可能性があります。

推奨される解決方法

使用していないハードウェア デバイスをアンインストールします。

コンピューターに接続されていないデバイスを表示するように、デバイス マネージャーを設定します。
[スタート] から [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
[開く] ボックスに「cmd」と入力します。 コマンド プロンプト ウィンドウが表示されます。
コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。 set devmgr_show_nonpresent_devices=1
デバイス マネージャーで、[表示] をクリックしてから [非表示のデバイスの表示] をクリックします。 コンピューターに接続されていないデバイスが表示されます。
存在しないデバイスを選択します。 [ドライバー] タブの [アンインストール] を選択します。
使用しなくなった存在しないデバイスについて手順 3 を繰り返します。 次にコンピューターを再起動します。
デバイス マネージャーのデバイスの [プロパティ] ダイアログ ボックスで、エラーが解決されているかどうか確認します。
コード 50 「プロパティすべてをこのデイバスに適用することができません… (コード 50)」
完全なエラー メッセージ

プロパティすべてをこのデイバスに適用することができません。 デバイスのプロパティに、デバイスの機能および設定 (たとえば、セキュリティの設定など) についての情報が含まれている可能性があります。 この問題を解決するには、このデバイスを再インストールしてください。 ただし、新しいドライバについてはハードウェアの製造元に問い合わせることをお勧めします。 (コード 50)

推奨される解決方法

デバイス ドライバーを手動で再インストールする

[スタート] メニューから、[デバイス マネージャー] を検索し、結果から [デバイス マネージャー] を選択します。
一覧内のデバイスを右クリックします。
表示されるメニューから [アンインストール] を選択します。
デバイスがアンインストールされたら、メニュー バーの [操作] を選択します。
[ハードウェア変更のスキャン] を選択して、ドライバーを再インストールします。
注: ドライバーのパスを入力するように求められることがあります。 ドライバーが必要で所有していない場合は、ハードウェア ベンダーの Web サイトから最新のドライバーをダウンロードすることができます。

コード 51 「このデバイスは現在、別のデバイスまたは… (コード 51)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスは現在、別のデバイスまたはデバイス セットの起動を待機しています。 (コード 51)。

推奨される解決方法

現在、この問題の解決方法はありません。 この問題の診断に役立てるには、このデバイスが依存しているデバイス ツリー内の他の故障したデバイスを調べてください。 別の関連するデバイスが起動しない理由を特定できれば、この問題を解決できる可能性があります。

コード 52 「このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。 (コード 52)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスに必要なドライバーのデジタル署名を検証できません。 最近のハードウェアやソフトウェアの変更により、不正確に署名されたファイルか壊れたファイルがインストールされたか、または不明なところから悪意のあるソフトウェアがインストールされた可能性があります。 (コード 52)

原因

ドライバーが署名されていないか、壊れている可能性があります。

推奨される解決方法

ハードウェア製造元の Web サイトから最新のドライバーをダウンロードするか、製造元に問い合わせます。

コード 53 「このデバイスは、Windows カーネル デバッガーが… (コード 53)」
完全なエラー メッセージ

このデバイスは、Windows カーネル デバッガーがこのブート セッションの期間に使用するために予約されました。 (コード 53)

推奨される解決方法

デバイスが正常に起動できるように、Windows カーネル デバッグを無効にします。

コード 54 「このデバイスは失敗したため、リセットしています。 (コード 54)」
原因

これは、ACPI reset メソッドの実行中に割り当てられる断続的な問題コードです。 障害のためにデバイスがまったく再起動しない場合は、この状態で停止するため、システムを再起動する必要があります。

推奨される解決方法

コンピューターを再起動します。 [スタート] から [シャットダウン] をクリックし、[再起動] を選択します。

関連情報
デバイス マネージャーを使用してデバイスの競合をトラブルシューティングする方法の詳細は、「デバイス マネージャによるデバイス競合のトラブルシューティング」を参照してください。

アーカイブ