Realm Royale【バトルロワイヤル系】(Steam)動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Realm Royale【バトルロワイヤル系】(Steam)です。

PUBGやフォートナイト等と同様に、バトルロワイヤル系のゲームになります。

現在は開発段階のため早期アクセスゲームとして取り扱われています。

プレイ料金は2019/01/01時点では無料でプレイすることが可能になっています。

 

システム要件
最低:
64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7
プロセッサー: Intel(R) Core(TM) i5-2320 CPU @ 3.00 GHz (4 CPUs), ~3.0GHz
メモリー: 6 GB RAM
グラフィック: NVIDIA GeForce GTX 555
DirectX: Version 11
ストレージ: 5 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible sound card

出典:Steam Realm Royaleより

 

動作検証に使用したPC

CPU:intel Xeon W3690

Mem:DDR3-12GB

Storage:SSD240GB+HDD1TB

GPU:GTX1060-6GB(PL100%)

 

ゲームを実際にプレイしてみた感想(初見勉強0短時間プレイの主観的な感想になります)

日本語には現在対応していないのでプレイするには少し勉強が必要になるかもしれませんが、基本的にバトルロワイヤル系のゲームであれば、マッチングをして人数が集まればゲーム開始になるのでそこまでプレイまでに混乱してしまうことは無いかもしれません。

マッチングの待ち時間としては動画の際は新年早々にたまたまログインしてしまっていたので集まりが悪かったかもしれませんが、定常時であればもう少しテンポよくマッチするかと思います。

ビジュアルとしてはポップな感じに作られていて、グロテスクな描写が強いわけではないので年齢の低いユーザーや女性ユーザーでも安心して楽しめるのかなと思います。

高画質にこだわったゲームではないので基本的にはある程度のスペックを満たしていればFHD+最高品質の設定でも十分に快適にプレイ可能だと思います。

システムとしては、戦闘開始前は待機場所でプレイヤーが待機して、そこから飛空艇で各所へ降りて武器やスキル、アイテム等を拾得しながらクラフト制作場所でより強いアイテムを作成して戦闘に望まなければいけませんが、時間によって動ける範囲が狭まってくるので注意が必要です。

ココらへんのシステムは他のバトロワとほぼ一緒ではないかと思います。

クラスシステムを搭載しているのがこのゲームの魅力の1つであり、各職業毎に初期保持スキルが異なります。

また、このゲームではスキルをドロップすることが可能で、更にスキルを入れ替えることで戦闘のバリエーションを増やすことが出来てとても斬新に感じました。ジャンプスキルや飛行スキル、ブリンク等を駆使することで職業、武器とスキルの選択を吟味することもまた醍醐味なのかもしれません。

DuoやSquadPTでのマッチングも可能なので、是非友達を誘ってプレイしてみてはいかがでしょうか?

Realm Royale(https://store.steampowered.com/app/813820/Realm_Royale/)