公開日:2018/6/16

最新版のPUBG動作検証はコチラから

【2018最新版】XeonでPUBG最新アプデ後の動作検証

以前にも記事で紹介させていただきましたが、人気ゲームの「PUBG」

前回は正式サービス開始前の段階での動作検証をしたと思うのですが、その際は既存のゲームタイトルの中でも群を抜く要求スペックでハイエンドのグラフィックボードを搭載していないパソコンではなかなか高画質で遊べないことが分かりましたが、

今回はPUBGが正式にサービスを開始したあとの動作検証になります。

正式サービス前後でグラフィックの最適化がされた為、要求されるグラフィックボードのスペックが大幅に変わった為、再度調査をして参りました!

 

因みに前回の記事はこちららから

【PUBG】PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS 動作検証

今回は仕事の合間を見ての調査だったので完全に各グラフィックボードの型番を調べることが出来なかったので要所要所で確認していますのでご了承をばm(_ _)m

記事を書きながら公式サイトの要求スペックも変更したのでは?と思い調べているとやはり変更されているようでした。

PUBGの最小要件は次のとおりです。

OS:64ビットWindows 7、Windows 8.1、Windows 10 
CPU:Intel i5-4430 / AMD FX-6300 
メモリ:8GB RAM 
GPU:nVidia GeForce GTX 960 2GB / AMD Radeon R7 370 2GB 
ダイレクト:11.0 
ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続
ストレージ:30 GBの空き容量

最小要件はPUBGを実行するための最小要件であり、最もスムーズなゲームプレイを提供するものではありません。

PUBGの推奨要件は次のとおりです。

OS:64ビットWindows 7、Windows 8.1、Windows 10 
CPU:Intel i5-6600K / AMD Ryzend 5 1600 
メモリ:16GB RAM 
GPU:nVidia GeForce GTX 1060 3GB / AMD Radeon RX 580 4GB 
ダイレクト:11.0 
ネットワーク:ブロードバンドインターネット接続
ストレージ:30 GBの空き容量

 

やはりPUBGはメモリ消費が激しいのは未だに変わらないみたいですね。。。12GBあたりは平気で消費していたはずですもの・・・

 

GTX1050Tiの検証もしたはずなんですが動画ファイルが見当たらないぞ・・・・?

W5590+GTX670-4GB

W5590+GTX780Ti

 

W3565+GTX1060-3GB

W5590+GTX1080

W5590+GTX1080Ti

PUBG正式サービス後の動作検証結果
正式サービス開始後にグラフィックの大幅な改善があった為、正式サービス開始前の要求カードよりも1段階2段階程度下げても問題ないレベルまで軽くなっていた。 但し、今後のアップデートでどう転ぶかは分からないため、現段階での水準で遊ぶのであれば、以下を目安に選んでいただけるといいかもしれません。

FHD低~中でFPS60が出る可能性があるカード順
■高:GTX1050Ti>960=670>580>660Ti>660>760>1050=750Ti>560Ti
GTX1050Ti FHD+全ウルトラにてFPS約55

FHD中~高でFPS60が出る可能性があるカード順
■高:GTX780Ti>970>780>770>1050Ti>680>960=670
GTX780TiFHD+ウルトラにてFPS約70

FHD高~ウルトラでFPS60が出る可能性があるカード順
■高:GTX1080Ti>1080>1070=980Ti>1060(6GB)>980>1060(3GB)>
GTX1060-3GBFHD+全ウルトラにてFPS約65

アーカイブ