Overcookedオーバークック【EPICGames】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Overcooked(オーバークック)になります。

Overcooked(オーバークック)は、2016年8月2日にリリースされています。

ジャンルはシミュレーションビデオゲームとなっています。

EPICGAMESで購入される場合は¥1780

STEAMから購入される場合は¥1680

となっています。

Overcooked(オーバークック)の推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

推奨:

最低要件 推奨
OSWindows 7(32ビット) OSTBD
プロセッサDual Core 2.4Ghz プロセッサTBD
メモリ2GB RAM メモリTBD
グラフィックGeForce 8800 GT / AMD HD 6850 / Intel HD Graphics 4400またはそれ以上 グラフィックTBD
ストレージ750 MBの空き容量 ストレージTBD
Direct XおよびサウンドカードDirectX(Version 11)、Direct X対応のサウンドカード Direct XおよびサウンドカードTBD
サウンドカードDirectX対応のサウンドカード サウンドカードTBD
追記ゲームパッドの使用を推奨 追記ゲームパッドの使用を推奨

引用:https://www.epicgames.com/store/ja/product/overcooked/home

Overcooked(オーバークック)の動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Overcooked(オーバークック)の動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

エンコードの解像度のリサイズを間違ってしまったので解像度が違っています。

FHD+最高画質の設定でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ました。

利用率としては、CPU10%,GPU40%,メモリ4GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

CPU/GPUともに余裕があったのでもう少し性能の低いカードでも問題なく快適に動作すると考えられます。

ビデオメモリの使用量は1.2GB程度の様でしたのでビデオメモリが2GB程度搭載されている旧世代のグラボでも性能によっては快適に動作すると思われます。

恐らく皆さんが使用しているPCは検証スペックよりも高いと思いますので、ボトルネック分を加味すれば、GTX1060-6GBでも快適に出来るかもしれません。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Tiを、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060を買うのがいいのではないかと思います。

 

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

Overcooked(オーバークック)のゲームプレイレビュー

WASD操作で移動するアクションタイプのゲームですので、ゲームをプレイしたことがある方であれば問題なく操作できるかと思います。

1つのキーボードで2人で操作可能な設定になるとWASDで移動、矢印キーで移動になるので注意が必要です。

言語については、現段階では日本語をサポートしている為、言語が原因で難航してしまうことは無いかもしれません。

サポートされる言語は、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、中国語(簡体字)、日本語となります。

ゲームの世界観としては、

オニオン王国と呼ばれる国が舞台となっています。

オニオン王国では悪を退治するためにプレイヤーは打倒討伐に挑むも、無残に負けてしまいます。

もっと腕を磨き一流シェフを目指し、魔物を退治すべく時空ポータルで過去に遡り特訓を開始します。

ゲームシステムの特徴として、

『Overcooked』は、1人または4人までのプレイヤーでソファに座ってのんびり楽しめるハチャメチャなクッキングゲームです。 仲間のシェフとチームを組んでさまざまな料理を準備、調理して客に提供しましょう。ただし、ぐずぐずすしていると怒った客が怒鳴り込んできます。 包丁を研ぎ、シェフのユニフォームに身を包んだものの、しっちゃかめっちゃかなキッチンではマッシュルームが見当たらず、ステーキ用の肉にも簡単には手が届きません!

オニオン王国は危機に瀕し、それを救えるのは一流の料理だけ! 『Overcooked』のクエストでは、とんでもなくヘンテコなキッチンを巡って旅をしながら、王国にはびこる古代の「食べられる」悪を退治するために一流シェフを目指します。

1人でプレイしてもよし、4人までのプレイヤーで協力プレイを楽しんだり、ライバルとなって対決したりもできます。 完成させなければならない料理は山のようにあります。みんなで力を合わせて、最も効率的に動く最高のチームを目指しましょう!

料理がテーマのクエスト

オニオン王国にはとんでもなくヘンテコなキッチンがたくさん用意されています。全部制覇しましょう。 壮大な旅に出発し、徐々に難しくなる奇妙なキッチンの数々に挑戦してください。みんながどれくらいうまく協力できるか、チームの力が試されます。 それぞれのレベルで新しい挑戦があなたやチームを待っています。海賊船の上で滑ったり、走るトラックの間を移動したり、海に浮かぶ氷の上で料理したり、赤々と炎が揺れる地下で料理したりと、どのレベルでも度肝を抜くようなプレイを楽しめます。

簡単な操作/やりがいのあるチャレンジ

『Overcooked』は誰でも簡単に始められ、楽しくプレイできるゲームですが、チームプレイを成功させるためには互いのコミュニケーションと協力が必要です。ピザ作りがとんでもないことになるようなゲームでは、スーパーシェフが集まる最高のチームしかトップになれません!

さまざまなプレイスタイル

みんなでわいわいがやがやローカルな協力プレイを楽しむときも、ひとりでのんびりシングルプレイヤーを楽しむときも、次々に新しいレベルがアンロックされ、新顔のシェフが登場します。2人1組で真剣勝負を繰り広げるチーム対決も楽しめます。

とにかく、プレイしたくなったら、あの熱い戦いを味わいたくなったら、キッチンに直行です!
作成者: Ghost Town Games Ltd.

確実に一人では高スコアを取ることはかなり難しいゲームのように思われます。

一人でプレイをする場合には、二人のキャラクターを交互に操作する必要があります。

一人は野菜を出したり、配膳をしている間にもうひとりのキャラクターを調理で操作する必要があるのですが一人では余程このゲームになれていない方ではないとゲキムズです。

最大4人までローカルでマルチプレイが可能なので、家族や友達と楽しくプレイするにはもってこいのゲームなのではないかと思います。

 

是非この機会に、Overcooked(オーバークック) で遊んでみては如何でしょうか?

https://www.epicgames.com/store/ja/product/overcooked/home

▶液晶保護フィルムでブルーライトカットして大切な目を守ってみませんか?

 

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。