Hell Let Loose【Steam】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Hell Let Looseになります。

Hell Let Looseは、2019年6月6日にSteamより発売されています。

ジャンルは、アクション, インディ, シミュレーション, ストラテジー, 早期アクセスとなっています。

Hell Let Looseの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Win7 64bit
プロセッサー: i3-4130 @ 3.3GHz / AMD FX-8350 @ 4.0GHz (or equivalent)
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GTX1050ti / R9 280 (or equivalent with minimum 2GB VRAM)
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
追記事項: System Requirements subject to change as development continues

推奨:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Win7 64bit
プロセッサー: i5-7600 @ 3.5GHz or Ryzen 5 1600 @ 3.2GHz
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: Nvidia GTX 1070 or AMD RX Vega 56
DirectX: Version 11
ネットワーク: ブロードバンドインターネット接続
ストレージ: 20 GB 利用可能
追記事項: System Requirements subject to change as development continues

引用:https://store.steampowered.com/app/686810/

Hell Let Looseの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Hell Let Looseの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定で更に上げ設定の状態でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ませんでした。

利用率としては、CPU25%,GPU~99%,メモリ7GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

本検証機のスペックでは主にGPUの性能が足りないか、ゲーム内やドライバ周りで最適化が行われていないため60FPSを大きく下回る結果となってしまいました。

そういった面を考慮して考えるのであれば、FHD最低ラインはGTX1070TiやGTX1080あたりが快適な動作の最低ラインとなってくると考えられます。

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますのでそこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、既存のゲームタイトルよりも推奨スペックが高いためMOD等を使用する場合には高めの準備を心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Tiを、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060を買うのがいいのではないかと思います。

 

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

Hell Let Looseのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作法となり、FPSやアクション系などによく見られる配置になっています。

世界観やゲームシステムの特徴として、

 これこそが本来あるべき第二次大戦ゲームなのです…ぎこちない動きの戦車が戦場を支配し、前線に物資を届ける供給網の重要性、そして巨大な連合部隊同士の戦争という巨大な機械の歯車となることを実感できます。Hell Let Loose で戦争という混沌へと身を投じ、プレイヤーが操縦する車両、刻々と状況が変わる前線、共同作成を重視したゲームプレイが勝敗の鍵を握ります。 偵察衛星の画像および人工衛星からのデータを基に構築された広大なマップを使い、戦場全体を複数の占領可能エリアへと分割します。

これにより常に状況が変化する独自のゲームプレイが可能になり、それぞれ50人のプレイヤーからなる2つの勢力が平地、橋、森林、市街地を舞台に激しい攻防を繰り広げます。あるエリアを占領すると、3種類の資源のうち1つを自軍に対して生成します。これにより勝利へと向かう行軍に影響を与える複雑なメタゲームが作り出されます。

壮大な劇場型の戦い 

巨大なマップを舞台に繰り広げられる50人対50人の戦い歩兵、偵察、装甲部隊タイプからプレイ可能な12種類の役割を選びます。それぞれの役割は異なる武器、車両、装備を利用することができます。将校、偵察、砲兵隊、衛生兵、工兵、戦車隊指揮官などとしてプレイを進め、第二次大戦を隅々まで体験することができます。

かつてないリアル感 

第二次大戦を象徴する実物大の戦場に身を置くことこそが Hell Let Loose 体験の最大の特徴なのです。歴史的な車両、武器、制服を忠実に再現し、戦闘は当時の残忍・凄惨さを体験できます。実際の戦場の縮尺どおりの巨大なマップにて戦闘を行います。記録文書の航空写真および人工衛星の画像を基に、Unreal Engine 4 で細部にまでこだわりマップを再現。

ともに戦い、勝利を分かち合う

Hell Let Loose は単にキルデス比を争ったり、アンロックを目指すだけのゲームではなく、チームワークこそがゲームプレイの肝心な要素なのです。コミュニケーションの重要性を実感してください。司令官や指揮官の下で協力して戦い、戦場の戦略的拠点を押さえ敵軍を圧倒します。Hell Let Loose にはチームワークが不可欠であり、勝利のみならず生き残るためにはコミュニケーションが必要なのです。

独自のメタゲーム

壮大かつ刻々と変化する戦場にて、敵陣を突破して勝利をものにしよう。他にはない陣地を占拠していくメタゲームには、どこに攻め込み、どこを守るかという大局的な戦術的決定をチームが下し続けることが求められます。資源と供給を管理して支援を求め、軍事拠点を補強、敵軍に側面攻撃を仕掛けましょう。戦略こそが勝利の鍵です。

古臭いゲームなのではなく、当時の昔を忠実に再現しているゲームだと思います。

実際の戦場に立たされた場合はこの様な経験をするのかなと考えてしまいます。

索敵もろくに出来ないまま使っている武器は使用することなく見えない敵に撃たれるんだろうな・・・

 

是非この機会に、 遊んでみては如何でしょうか?

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたがこちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非大事にしていただけたらと思います。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。