Peco+Life > ゲーム > 罪業狂襲FrenzyRetribution【Steam】動作検証と推奨スペック

公開日:

今回紹介するゲームタイトルは、罪業狂襲FrenzyRetributionになります。

罪業狂襲FrenzyRetributionは、2019年11月9日にSteamよりリリースされています。

ジャンルは、アクション, 無料プレイ, インディ, RPGとなっています。

罪業狂襲FrenzyRetributionの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

OS: windows 10
プロセッサー: Intel® Core™ i3
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 1050 or R9 280
DirectX: Version 11
ストレージ: 6 GB 利用可能

推奨:

OS: windows 10
プロセッサー: Intel® Core™ i5
メモリー: 16 GB RAM
グラフィック: GeForce GTX 1660 or RX 580
DirectX: Version 11
ストレージ: 6 GB 利用可能

引用:https://store.steampowered.com/app/1108560/FrenzyRetribution/

罪業狂襲FrenzyRetributionの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

罪業狂襲FrenzyRetributionの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定から更に設定を高い状態でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ませんでした。

FHD設定にてCPU20%,GPU90%,メモリ9GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

敵と対峙したあたりで既に30FPSまで下がってしまうシーンがあったことから本検証機のスペックと同等のパソコンを使用している場合、GPUの性能を飛躍的に上げる必要があると考えられます。

GTX1060-6GBで30FPSということを考えるとGTX1080やRTX2060あたりまで性能を上げてあげることで快適な動作が見込めると思われます。

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますのでそこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、既存のゲームタイトルよりも推奨スペックが高いためMOD等を使用する場合には高めの準備を心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Tiを、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060を買うのがいいのではないかと思います。

 

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPUi9-9900K
GTX6604949
GTX6706689
GTX1050Ti7731
GTX7707756
GTX16509328
GTX97011109
GTX780Ti11781
GTX98012432
GTX69012612
GTX106013104
GTX166013529
GTX1660Ti15229
GTX107016115
GTX980Ti16731
GTX1070Ti17199
RTX206017325
GTX108017976
RTX207018255
GTX1080Ti19792
RTX208020059
RTX2080Ti21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

罪業狂襲FrenzyRetributionのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作法となっています。

言語については日本語のサポートはありません、英語または中国語でのプレイとなりますが、アクション要素の多いゲーム性の為、何度もプレイしていくことで最低限の操作は比較的簡単に習得できると思います。

 

世界観やゲームシステムの特徴として、

FrenzyZoneチームによる3人称のテンポの速いアクションゲームで、プレイヤーはSFの街でオークガールを演じます。

高い懲罰によってもたらされる強烈なスタイルは、プレイヤーにゲームの完全なモーションシステムを理解させ、ゲームの深さをより際立たせ、繰り返しプレイアビリティの可能性を高め、この困難によってもたらされる刺激をもたらします。プレーヤーに高い達成感と挑戦感を与えます。

非常に難しいゲームであるため、プレイヤーは途切れない戦いに積極的に参加することをお勧めします。武器の活動と実行、反撃、狂気などのゲームのさまざまな要素はすべて連動しているため、ゲーム全体が維持されます。寒いフィールドのない刺激的な戦いで。

このゲームには回復アイテムはありません。以前の過ちから回復する唯一の方法は、敵を殺すために戦いを止め、血を殺すために「実行」を使用することです。このシステムは、プレイヤーが維持することを奨励します。高熱の戦いでは、また、この戦いでは、撤退するオプションはないと言いました、勝つための唯一の方法は敵に直面し、血なまぐさい道を殺すことです。

「実行」:敵を破壊する唯一の方法です。

主人公が敵を攻撃すると、敵の「スタン値」が蓄積されます。エピソードがいっぱいになると、めまい状態になります。この時点で、実行はターゲットに迅速かつ重大な攻撃を加えることができます。ただし、敵の「めまい値」は時間とともに減少します。プレイヤーは戦闘で絶えず退却しているか、接続性の高い攻撃をプレイできません。以前に蓄積されためまい値は不足し、敵でさえトリッキーな「クレイジー状態」になります。

アクションの実行中、プレイヤーはダメージを受けず、このゲームの戦闘システムの主要なポイントの1つである血液量を回復することもできます。この技術がうまく使用されていれば、敵の攻撃を相殺するために、または高速乱闘で使用することさえできます。一息ついてグループを作り直します。

「武器の活動」:武器を喜ばせると、武器はさらに致命的になります。

アクティブなクラスは、プレイヤーの戦闘パフォーマンスを直接反映します。多変数COMBOを維持すると、アクティブなクラスが強化されます。クラスが高いほど、武器によって与えられるダメージとめまいが増加し、さらに非常に高いダメージが発生する可能性があります。1回ヒットすると殺されます。ただし、時間の経過とともにアクティビティが減少することに注意してください。つまり、プレーヤーが絶えずヒットしたり、バトルから外されたりすると、プレーヤーは困難なバトルになります。

「フレンジー」:どんなトラウマでも、敵をより血に飢えさせます。

プレイヤーのように、このゲームの敵は死ぬ意志で戦っています。傷ついた敵は退却しませんが、あなたと一緒に行くことに決めた狂気の状態に入ります。この状態の敵は途切れることはありませんクレイジー攻撃と止められないブルートフォース攻撃。プレイヤーが勝手に攻撃すると、フィールド上で多くの敵を混乱させ、戦闘状況を不可逆的なカオスにします。

「ビーストモード」:ライフラインと引き換えに自分の攻撃力を犠牲にします。

第三段階への蓄積活動は動物化モードに入ることができ、主人公は武器を放棄して機械的義肢から爪を伸ばし、敵を高速で攻撃し、動物化中にめまい値を大幅に増加させ、血液量をわずかに回復させます、しかし損害は軽減されます。この状態では、メインキャラクターはより大きなダメージを受けますが、それは致命的な瞬間に命を救うストローですが、両刃の剣でもあります。

「反撃」:敵を洞察し、正確なタイミングで攻撃し、戦いを逆転させます。

ダッシュは便利ですが、反撃の効果はさらに致命的です。ゲームでは、プレイヤーはほとんどすべての敵の攻撃を攻撃することができ、ダメージを破壊して敵を気絶させることができます。しかし、タイミングは非常に厳しいです、失敗はあなたが重傷を負わせ、さらには小さな命を失います。

この手法では、プレイヤーが敵の攻撃を完全に把握し、早期に攻撃を開始する必要があります。最も正確なタイミングが開始された場合でも、完全な反撃を行うことさえでき、めまいを大幅に増加させ、目の前の敵を即座に殺します。

「チェーン処刑」:大胆不敵なナイフが山頂と雨を降らせ、戦場を人間の煉獄に変えます。

気違いの敵に入ると、止められないブルートフォース攻撃が行われます。通常の反撃でもすべてのダメージを相殺することはできません。これは、フィールドで最も致命的な脅威の1つです。プレイヤーが積極的に敵に立ち向かうことを選択した場合、タイミングは非常に正確です完全な反撃を開始した後、それはすべての敵の状態を無視し、フィールド上の不運な敵を終了させる、高度に実行されたチェーン実行になります。

チェーンの実行におけるチェーンの数は、アクティブなレベルによって異なります。プレイヤーが幸運にも大虐殺を引き起こし、戦闘が即座に空になることさえある場合、それはゲームのハイリスクで高給の代表者です。

「Organizational Weapon」:武器の種類を2つのモードでスムーズに変換します。

伝統的な日本式の冷兵器と空想科学オルガンの組み合わせにより、プレイヤーは2つの武器をスムーズに切り替えることができます。

主人公は、変形可能なジェットサムライソードとメカニカル鞘を持ち、サムライナイフと弾丸スイッチセクションのメカニカル鞘を高速化することで敵の攻撃を排除します。このデザインは単純なスタイリング機能ではありませんが、SFオルガンを使用することで、主人公は通常の冷兵器ではできない難しい豪華なアクションを実現し、武器を切り替えるシステムを特殊な攻撃アクションに変えることができます戦闘システムと互換性がありません。追加システム。

ジェットサムライソードは、銃口を備えた機械的な鞘と組み合わせて、ナイフ側の砲撃ナイフを形成できます。2つのタイプには、異なる攻撃速度、ダメージ、さまざまな値があります。2種類の武器タップ、ヒット、特殊攻撃、変形、および回避攻撃を組み合わせて、さまざまな動きを作成します。

インジェクションサムライナイフ」:サムライソードマシンをモジュール化し、ナイフの背面に小さなターボノズルを取り付け、スラッシュで加速を開始するか、ジェットを使用して高速で移動し、ジェットサムライナイフを使用して速度を上げます。攻撃速度と高い柔軟性。ただし、武器の攻撃範囲は短く、より柔軟なリンクを実現するためにその機動性に依存しています。

メカニカル鞘「:これは小さな手持ち式のレールガンです。上部ハンドルレールと下部ハンドルレールの組み合わせです。シースの隣にトリガーがあり、リンクに敵に予期せぬ驚きを与えます。砲撃から、鞘は敵を攻撃するためのクローバーとして使用できます

キャノンスラッシュ」:メカニカル鞘をサムライの剣の尾に接続して、中長攻撃範囲で鎌を形成します。後部銃口は武器として使用できます大砲の使用は高い射程と射程の攻撃を持ちますが、スイング動作は大きく、機動性に欠けます。

「敵」:鉄と血の軍隊があなたのところに来るでしょう。

   主人公は機敏な体と強力な武器を持っていますが、敵は燃料効率の良いランプではありません。さまざまなタイプの敵と鎧が互いに一致し、さまざまな構成の軍隊で構成される特殊なエリート敵、近距離および中距離の異なる位置の敵の人々が歩き合って互いに攻撃し、攻撃を囲みます。





「市」:迷宮を通り抜けてため息をつく機械的な悪魔。

プレイヤーは主人公を操作し、街の障壁を突破します。レベルは、前後をエコーする3次元マップとして設計されています。チェックポイントのすぐ後ろで戦闘の様子を見ることができます。これにより、人々は同じ都市で戦っていることを明確に知ることができます。。


可愛らしい出で立ちとは裏腹に敵をバッサバッサと軽快に倒していく忍?アクション。

刀と薙刀の武器を使い分けて戦います。基本的には左と右のクリック連打で余裕じゃん!とか思っていると大量に敵が沸いてきたら攻撃後のディレイが大きく前から後ろからバッサリ。

カウンターをしっかり取っていかないと直ぐに死んでしまいます。

このゲームのシステムにはフレンジーというシステムがありアラド戦記を思い出しましたがフレンジーはガツガツHPを減らしていくので使い所がかなり難しかったです。

 

是非この機会に、罪業狂襲FrenzyRetribution 遊んでみては如何でしょうか?

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたがこちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非大事にしていただけたらと思います。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。

 

アーカイブ