FF14漆黒のヴィランズベンチマークソフト【SQUAREENIX】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、ファイナルファンタジーXIV(FFXIV)漆黒のヴィランズベンチマークソフト【SQUAREENIX】の動作検証になります。

ジャンルは、MMORPGとなっています。

FF14漆黒のヴィランズ【SQUAREENIX】は、2019年7月2日にSQUAREENIXより発売が予定されていますが、今回は先行してベンチマークが配信されたため、前回のパッケージであるFF14紅蓮のリベレータのベンチマークと併せて推奨環境を予測したいと思います。

通常版の漆黒のヴィランズパッケージのみの場合は4200円にて販売されています。

新規の方であればフルコンプリートパックを購入したほうがお得です、ただしエピソードの内容が濃すぎるので新生エオルゼアー蒼天のイシュガルドー紅蓮のリベレーターの次が今回の漆黒のヴィランズになるので新規の人が漆黒のヴィランズのエピソードまで辿り着くにはメインクエをひたすら走り続けてもかなりの時間がかかると思いますので予め覚悟して望みましょう。

ただしスクエニのストーリーなのでしっかりストーリーが作り込まれているので、高画質で楽しんでいただけたらと思います。

ベンチマークソフトはこちらからダウンロードが可能となっています。https://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark/

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

OS Windows® 7 64 bit, Windows® 8.1 64 bit, Windows® 10 64 bit
CPU Intel® Core™i5 2.4GHz 以上
メインメモリ 4GB以上
ハードディスク/SSD空き容量 60GB以上
グラフィックカード NVIDIA® Geforce® GTX750以上
AMD Radeon™ R7 260X 以上
画面解像度 1280×720
インターネット ブロードバンド接続
通信ポート ルーターを利用している場合は、下記の番号でパケットが通過できるようポートの設定を行ってください。
[使用する可能性があるポート番号]
TCP:80, 443, 54992~54994, 55006~55007, 55021~55040
サウンドカード DirectSound® 対応サウンドカード
DirectX® DirectX® 11

推奨:

OS Windows® 7 64 bit, Windows® 8.1 64 bit, Windows® 10 64 bit
CPU Intel® Core™i7 3GHz 以上
メインメモリ 8GB以上
ハードディスク/SSD空き容量 60GB以上
グラフィックカード NVIDIA® Geforce® GTX970 以上
AMD Radeon™ RX 480 以上
画面解像度 1920×1080
インターネット ブロードバンド接続
通信ポート ルーターを利用している場合は、下記の番号でパケットが通過できるようポートの設定を行ってください。
[使用する可能性があるポート番号]
TCP:80, 443, 54992~54994, 55006~55007, 55021~55040
サウンドカード DirectSound® 対応サウンドカード
DirectX® DirectX® 11

引用:https://jp.finalfantasyxiv.com/shadowbringers/product/#se

今回のパッケージアップデートでは紅蓮のリベレーターからスペックの向上などは無いという事でしたので推奨環境の構成を見る限りでもシステムの変更はなされていないようでしたので現状のままのスペックで紅蓮のリベレーターが快適にプレイできている場合にはシステムの更新をする必要は無いかもしれません。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズの動作検証に使用したPC

検証機1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD240GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX(最近調子が悪いのかキャプチャ音が酷いです・・・)
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】バックグラウンドで30個位タブ開きながら他のソフトも起動しながら適当がけなので目安でお願いします。

SCORE: 10513
平均フレームレート: 74.23057
最低フレームレート: 33

紅蓮のリベレーターベンチマークと比較すると若干マイナスの数値にはなってしまっていますが、バックグラウンドで色々処理をしていたり、電源管理設定やnVIDIAのコンパネ設定でも多少数値は変動してしまいます。

マイナス1000~2000程度になってくるとFPSの数値にもかなり影響が出やすくなりますが、500程度であればFPSの変動差はそこまで落ちるわけではないので現状のままの方はこの数値を参考にしていただけたらと思います。

推奨環境がNVIDIA GTX 970以上ということもあり、検証で使用したGTX1060-6GBであれば問題なく最高画質のFHDで平均60FPSを維持することが出来ました。

漆黒のヴィランズベンチマークプレイ中の各使用率は、CPU30%、GPU99%、メインメモリ8GB程度となっています。

メインメモリに関しては搭載しているグラボにも寄りますがゲーム中に配信などをする場合を考えると最低8GB余裕を持って16GBが好ましいと思われます。

GPUの使用率にはかなり余裕が無いように感じたので、GTX1660Tiあたりが最低の推奨環境で快適に動作するラインになるのかなと思われます。それ以降であれば、GTX980Ti,1070,1080,1080Ti,RTX2060,2070,2080,2080Tiに向かい4Kでも快適になるかと思われます。

FHD+最高品質で快適にプレイする場合には最低でもGTX1660Ti,余裕を持ってGTX980Ti,1070同等またはそれ以上の性能が快適になると予想されます。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

やはりベンチマークと実際のダンジョン中のエフェクトはかなり異なり、絶アルテマウェポンあたりなんかだと結構途中で蔵落ちしてしまう方も見受けられるので、これからFF14を始められる場合であれば最低環境でGTX1660Tiを、余裕があればRTX2060を視野に入れていただきたいと思います。

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのゲームプレイレビュー(0時間プレイの主観的な感想になります)

FF14の最新パッケージ、漆黒のヴィランズのベンチマーク画像は如何でしたでしょうか?

FF14はシングルからオンラインマルチプレイまで幅広い人数で遊べる大規模MMORPGです。

新規の方はエオルゼアからスタートとなりますが、イダとサンクレッドには特にストーリーが進むごとに面白い展開になっていくので注目です。

是非この機会に、ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ【SQUAREENIX】遊んでみては如何でしょうか?

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

ご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。