Danganronpa V3: Killing Harmony Demo Ver.【Steam】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Danganronpa(ダンガンロンパ) V3: Killing Harmonyのデモ版になります。

Danganronpa(ダンガンロンパ) V3: Killing Harmonyは、2017年9月26日にSteamよりリリースされています。

ジャンルは、アドベンチャー  となっています。

Danganronpa V3: Killing Harmonyの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-bit
プロセッサー: Intel Core i3-4170 @ 3.70GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: NVIDIA@ GeForce@ GTX 460 or better
DirectX: Version 11
ストレージ: 26 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible soundcard or onboard chipset

推奨:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-bit
プロセッサー: Intel Core i5-4690K @3.50GHz
メモリー: 8 GB RAM
グラフィック: NVIDIA@ GeForce@ GTX 960
DirectX: Version 11
ストレージ: 26 GB 利用可能
サウンドカード: DirectX compatible soundcard or onboard chipset

引用:https://store.steampowered.com/app/567640/Danganronpa_V3_Killing_Harmony/

Danganronpa V3: Killing Harmonyの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-16GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 10 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Danganronpa V3: Killing Harmonyの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ました。

ゲーム中の利用率としては、CPU30%,GPU30%,メモリ5GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますのでそこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、処理の負荷がより多くかかってしまう大人数対人戦、レイドバトルやMOD等を使用する場合にはグラフィックボード、CPUの性能を高めに計算する様に心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Ti(GTX1070程度)を、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060(GTX1080程度)を買うのがいいのではないかと思います。

 

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU CPU/i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060-6G 13104
GTX1650SUPER 13159
GTX1660 13529
GTX1660SUPER 15011
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2070SUPER 19901
RTX2080 20059
RTX2080SUPER 20549
RTX2080Ti 21223
TITAN RTX

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

Danganronpa V3: Killing Harmonyのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作法となっています。

言語については日本語をサポートしています。

 

世界観やゲームシステムの特徴として、

『ダンガンロンパ』新章開幕!
『ニューダンガンロンパV3 みんなのコロシアイ新学期』とは
学級裁判で相手の矛盾を論破し、殺人事件の犯人を暴いていくハイスピード推理アクション『ダンガンロンパ』シリーズの最新作。
本作では、これまでの作品から舞台やキャラクターを一新。
「サイコクール」をテーマにより強化されたビジュアル・演出が、新たな学園で展開する新たな物語を盛り上げる。
また、裁判を有利に進めるための「嘘」や、初の団体戦「議論スクラム」など、新システムも携え登場。

STORY
この世界には、政府が実施している特別な奨励制度『ギフテッド制度』によって様々な特権が与えられ、将来を嘱望された『超高校級』の称号を持つ学生が存在する。『超高校級のピアニスト』赤松 楓もその一人であった。
超高校級の才能を持つ学生は全国に散らばっており、一堂に会することもなかったのだが、ある日、楓を含む16人の超高校級の学生たちが『才囚学園』に監禁されてしまう。
才囚学園は学園長を自称する謎のぬいぐるみ『モノクマ』と、その子どもたち『モノクマーズ』が支配する学園。
モノクマ曰く、この学園は才能あふれる高校生たちに、コロシアイの1番を競い合わせる場なのだという。
そして、殺人が起きた場合、学級裁判を開廷し「誰がクロか」を議論すること、正解した場合はクロだけがおしおきをされ、間違えた場合はクロだけが生き残り、残ったシロ全員がおしおきをされるという狂ったルールがあるということを告げられた。
学園は巨大な壁に囲まれており、脱出することは不可能に等しい。この場から抜け出すためには、モノクマの言うとおり、コロシアイをするしかなかった—
コロシアイを止めるため、誰かを守るため、“嘘”で“真実”を撃ち抜く学級裁判が幕を開ける。

WORLD

本作の舞台。
「コロシアイに参加する16人の“超高校級の生徒”のためだけにつくられた」というこの学園には、様々な施設と、厳しい校則が存在。

政府が実施している特別な奨励制度“ギフテッド制度”。国家的に天才を育成するために設立された制度で、将来有望と見込まれた生徒は奨励金などの様々な特権が与えられる。
この制度に選ばれた生徒が“超高校級”と呼ばれている。
GAMESYSTEM
本作では章単位でゲームが進行していきます。各章は大きく分けて(非)日常編(日常パート)、非日常編(捜査パート)、学級裁判の3つのパートで構成されている。

学園内での生徒たちの生活が描かれているパート。
生徒たちが学園からの脱出を計画したり、モノクマがコロシアイを促進させるための「殺人の動機」を生徒たちに提示したりといった出来事が起こり、物語が大きく動くパートになる。

殺人が発生し、死体が発見されると、非日常編(捜査パート)の開始。
このパートでは事件現場の調査や、他の生徒への聞き込みなどを行い、事件解決に必要な証拠を収集していく。

集めた証拠を基に、殺人事件の犯人(クロ)を見つけ出すのが「学級裁判」。
ここでは超高校級の才能をもった生徒たちが様々な観点から事件を議論していく。
彼らの発言の矛盾を指摘し、本当のクロへ辿りつくことが目的。
捜査パートで集めた証拠が、参加者の矛盾した発言を論破するための「言霊(コトダマ)」となる。
画面上を流れる発言の矛盾点にコトダマを打ち込むことで、議論を先に進めることが出来る。
本作ではノンストップ議論中、あえて嘘をつき、矛盾していない発言も論破できるようになる「嘘」と、複数のキャラクターが同時に喋る中矛盾を見つける「パニック議論」、シリーズ初の団体戦となる「議論スクラム」が新たな要素として追加された。

CAST

  • モノクマ:TARAKO
  • モノクマーズ:山寺 宏一
  • 赤松 楓(あかまつかえで):神田 沙也加
  • 天海 蘭太朗(あまみ らんたろう):緑川 光
  • 入間 美兎(いるま みう):石田 晴香
  • 王馬 小吉(おうま こきち):下野 紘
  • キーボ:柿原 徹也
  • 獄原 ゴン太(ごくはら ごんた):武内 駿輔
  • 最原 終一(さいはら しゅういち):林原 めぐみ
  • 白銀 つむぎ(しろがね つむぎ):小松 未可子
  • 真宮寺 是清(しんぐうじ これきよ):鈴村 健一
  • 茶柱 転子(ちゃばしら てんこ):徳井 青空
  • 東条 斬美(とうじょう きるみ):井上 喜久子
  • 春川 魔姫(はるかわ まき):坂本 真綾
  • 星 竜馬(ほし りょーま):大塚 明夫
  • 百田 解斗(ももた かいと):木村 良平
  • 夢野 秘密子(ゆめの ひみこ):田中 あいみ
  • 夜長 アンジー(よなが あんじー):鈴木 みのり

是非この機会に、Danganronpa V3: Killing Harmony 遊んでみては如何でしょうか?


▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたがこちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非大事にしていただけたらと思います。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。