Borderlands Game of the Year Enhanced【Steam】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Borderlands Game of the Year Enhancedになります。

Borderlands Game of the Year Enhancedは、2019年4月3日にSteamより発売されています。

ジャンルはアクション, RPGとなっています。

本作は、初代のBorderlandsリマスター版となっているため、照明やテクスチャーなど細かい部分が鮮明になり高画質でプレイすることが可能となっています。

更にグラフィックの改善だけではなく、ゲーム内でも新要素が多く追加されています。

初代を所持している場合には無料でBorderlands Game of the Year Enhancedへアップグレードが可能となっています。

Borderlands Game of the Year Enhancedの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-Bit
プロセッサー: Intel Core i3 530 @2.93GHz/AMD Phenom 9950 @2.6GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Geforce GTX 660, Radeon HD 6970
DirectX: Version 11
ストレージ: 25 GB 利用可能
サウンドカード: Directx 9.0c

推奨:

64 ビットプロセッサとオペレーティングシステムが必要です
OS: Windows 7 64-Bit
プロセッサー: Intel Core i3 2105 @3.1GHz/AMD FX 4100 @3.6GHz
メモリー: 4 GB RAM
グラフィック: Geforce GTX 760, Radeon HD 7850
DirectX: Version 11
ストレージ: 25 GB 利用可能
サウンドカード: Directx 9.0c

引用:https://store.steampowered.com/app/729040/Borderlands_Game_of_the_Year_Enhanced/?l=japanese

Borderlands Game of the Year Enhancedの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Borderlands Game of the Year Enhancedの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定で更に上げ設定の状態でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ました。

利用率としては、CPU15%,GPU60%,メモリ8GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

CPU/GPU共にまだ若干余裕があるようですが、メインメモリに関しては8GB程度消費しているようでしたので、8GBの方は16GBに増設するのがベストかもしれません。

皆さんが使用しているCPUの性能が高い場合には、GTX1060-6GBより低い性能でも快適に動作するかもしれません。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Tiを、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060を買うのがいいのではないかと思います。

 

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

Borderlands Game of the Year Enhancedのゲームプレイレビュー

WASD操作で移動するタイプのゲームですので、FPS系のゲームをプレイしたことがある方であれば問題なく操作できるかと思います。

言語は日本語をサポートしているため、言語が理由でクエストなどに支障が出ることは無いと思われます。

協力プレイに対応しているため友達と一緒にホストの立てたストーリーを消化することが可能です。

ゲームシステムの特徴として、

ヒャッハーしている感じが強いけど、FPS+MMO要素をしっかり取り入れた単純なヒャッハー系ではないゲーム。

プレイヤーは、4人のキャラクターから選択してストーリーを進行することになります。

各キャラクターはクラスが異なるため、固有の特殊能力やクラス特有のスキルをレベルを上げて強化していきます。

各キャラクターの特殊能力は、自動攻撃をしてくれるタレットを設置したり、自身の攻防力を上げて近接に特化したり、ペットを召喚して戦わせたり、透明化して高速移動することが出来たりすることが出来ます。

武器は、レアリティが存在していて、同じ名前の武器でもカスタマイズされている場合があり、敵を倒したりボックスから入手することが出来ますが、武器を拾う楽しみがあるのは強い物を求めるプレイヤーにとってはマンネリにならずいいシステムです。

マップを走るのが面倒なときはモチロン乗り物を使用することが出来ます。

乗り物はもちろん武器を搭載しているのでヒャッハーすることも可能です。

メインストーリーとサブストーリーを消化していくのが本作のメインではありますが、本作ではイースターエッグと言われる運営が準備してくれた隠し要素的なお楽しみも存在するためエピソードを全てクリアしたあとにゆっくりイースターエッグを探すのも楽しいです。

 

是非この機会に、Borderlands Game of the Year Enhanced 遊んでみては如何でしょうか?

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。