Batman Arkham Knight【EPICGames】動作検証と推奨スペック

今回紹介するゲームタイトルは、Batman Arkham Knightになります。

Batman Arkham Knightは、2015年6月24日にEPICGamesより発売されています。

ジャンルは、アクション, アドベンチャーとなっています。

Batman Arkham City Game of the Year Editionの推奨スペック(システム要件)

スペック要件は現段階でのサイトコンテンツ内より公開されている情報になります。

最低:

推奨:

最低 推奨
OSWin 7 SP1, Win 8.1(64-bitオペレーティング・システム必須) OSWin 7 SP1, Win 8.1(64-bitオペレーティング・システム必須)
プロセッサIntel Core i5-750, 2.67 GHz | AMD Phenom II X4 965, 3.4 GHz プロセッサIntel Core i7-3770, 3.4 GHz | AMD FX-8350, 4.0 GHz
メモリ6 GB RAM メモリ8 GB RAM
グラフィックグラフィック: NVIDIA GeForce GTX 660(最低 2 GBメモリ)| AMD Radeon HD 7870(最低 2 GBメモリ) グラフィックNVIDIA GeForce GTX 760 – 3 GBメモリ推奨 | AMD Radeon HD 7950 – 3 GBメモリ推奨
DirectXバージョン11 DirectXバージョン11
ストレージ45 GBの空き容量 ストレージ55 GBの空き容量
ネットワークブロードバンドインターネット接続 ネットワークブロードバンドインターネット接続

引用:https://www.epicgames.com/store/ja/product/batman-arkham-knight/home

Batman Arkham Knightの動作検証に使用したPC

Pecoモデル1
CPU:intel Xeon W3690(6Core12Tread)
Mem:DDR3-12GB
Storage:SSD480GB+HDD1TB
GPU:GTX1060-6GB(PL100%)
Sound board:Sound Blaster 5.1 VX
OS:Windows 7 pro 64bit
Monitor:LG ULTRAWIDE 2560:1080

Pecoモデル2
CPU:intel Xeon W5590(4Core8Tread)
Mem:DDR3-16GB
Storage:SSD480GB+HDD500GB*2
GPU:基本的にはGTX1060-6GBが基準値としています。

(検証時は立ち膝にマウスとキーボードにつかまって無音でプレイしております。)

検証機及びその他のゲーム動作検証についてはこちらから

Batman Arkham Knightの動作検証

【Xeon W3690+GTX1060-6GB】

FHD+最高画質設定で更に上げ設定の状態でプレイをした際、60FPSを維持することが出来ませんでした。

利用率としては、CPU~84%,GPU98%,メモリ8GB程度がゲーム中に使用されている様でした。

FHD+最高画質のみの設定であれば60FPSは余裕に維持できるかと思いますが、更にカスタマイズをした場合には40FPS程度までエフェクトの負荷などによって落ち込んでしまう場面がありました。

CPU/GPUともに利用率が高い事がFPS低下の原因になっていると考えられるため、予算に余裕がある場合には検証スペック以上のスペックが必要になってくると考えられます。

皆さんのスペックは検証スペックよりも高いと考えられますのでそこまで性能の高いカードは必要ないかもしれませんが、既存のゲームタイトルよりも推奨スペックが高いためMOD等を使用する場合には高めの準備を心がけましょう。

今からカードを買い換えるのであれば予算にもよりますが、低予算で高性能であればGTX1660Tiを、RTXの性能を他のゲームでも試す予定の方はRTX2060を買うのがいいのではないかと思います。

ビデオカードの性能比に関しては下記の数値を参考にしてください。

i9-9900K+16GB(FF14紅蓮のリベレーターベンチマークFHD+最高品質)

GPU i9-9900K
GTX660 4949
GTX670 6689
GTX1050Ti 7731
GTX770 7756
GTX1650 9328
GTX970 11109
GTX780Ti 11781
GTX980 12432
GTX690 12612
GTX1060 13104
GTX1660 13529
GTX1660Ti 15229
GTX1070 16115
GTX980Ti 16731
GTX1070Ti 17199
RTX2060 17325
GTX1080 17976
RTX2070 18255
GTX1080Ti 19792
RTX2080 20059
RTX2080Ti 21223

適用させているドライバやベンチ回数、メーカーによって値は若干+-変動します。

Batman Arkham Knightのゲームプレイレビュー

操作方法はキーボードとマウスを使用する操作となり、アクション系などの配置になっています。

言語については、日本語をサポートしているため、ストーリーの進行で躓いてしまうことはないかと思われます。

世界観やゲームシステムの特徴として、

バットマン:アーカム・シリーズ3部作、ここに完結。 シリーズ最終章にして、集大成にふさわしい壮大なストーリーが展開される。 新世代機に特化して開発された『バットマン:アーカム・ナイト』では、 操縦可能なオリジナル・デザインのバットモービルが登場。 ファン待望のバットモービルにアーカム・シリーズで高い評価を得たゲームプレイが組み合わさり、広大なゴッサム・シティを縦横無尽に駆け抜けるその搭乗体験は間違いなくプレイヤーを虜にすることだろう。 バットマンが守り抜くと誓った街に究極の脅威が襲いかかる。スケアクロウが密かにゴッサム・シティに舞い戻り、バットマンを永遠に葬るために凶悪犯罪者たちと同盟を結んだのだ。
特徴:
  • 「バットマンとなれ」 – ダークナイトとしてアーカム・シリーズ3部作の最終章を完全体験しよう。 新たに導入されたバットモービルやさらに洗練されたフリーフローコンバット、ステルス、科学捜査、ナビゲーションを駆使してプレイヤーは世界最高の探偵となれる。
  • バットモービルの登場 – 最新技術の粋を集めた特殊装甲車両、バットモービルが初登場。本作に向け完全オリジナルのデザインが施されている。 ゴッサム・シティ全体を走行できるように設計されており、高速移動が可能な追跡モードから戦車形態にも変形できる究極のマシン。闇を切り裂くように疾走してゴッサム・シティの最も危険な犯罪者を追跡できる。 また、バットモービルはナビゲーション、科学捜査、戦闘、謎解きといったあらゆる面でバットマンの能力を拡張し、まるで人間と機械が一体化したような感覚を生み出す。
  • アーカム・シリーズ最終章を飾る劇的なストーリー – ゴッサム・シティで全面戦争が勃発。 『バットマン:アーカム・アサイラム』での小競り合いは 『バットマン:アーカム・シティ』での囚人に対する邪悪な陰謀に発展した。 そしてゴッサム・シティの未来を決する究極の戦いが始まる。 完全オリジナルキャラクターのアーカム・ナイトとハーレークィン、ペンギン、トゥーフェイス、リドラーといった凶悪犯罪者と結託したスケアクロウに支配されたゴッサム・シティは破滅の危機に瀕している。
  • ゴッサム・シティ全体を探索 – オープンワールド化された広大なゴッサム・シティを自由に移動して隅々まで探索可能。 ゴッサム・シティの規模は 『バットマン:アーカム・シティ』の約5倍で、その場にいるような感覚に陥るほど緻密でリアルなグラフィックで描写される。
  • 最重要指名手配ミッション – ゴッサム・シティの通りで起きている暴動に干渉可能。 探索中に最重要指名手配の犯罪者に遭遇することもあり、個々の悪党を倒したり本編ストーリーを進めることに集中したりもできる。
  • 戦闘とガジェットの新機能 – これまで以上に多彩な技やハイテク機器を自在に操れる。 グラインド中もガジェットが使用可能になり、バットマンが滑空中にバットラング、グラップネルガン、ラインランチャーといったガジェットを展開できるようになった。バットマンのユーティリティベルトが改良され、科学捜査、ステルス侵入、戦闘スキルを拡張する新しいガジェットが追加されている。

人気のバットマンシリーズの作品の1つです。

アーカムシリーズ最終章ということもあり、かなり広大で壮大な内容になっています。

本作では私が永遠に憧れているというより乗ってみたいバッドモービルが搭乗します。

この車を使えば縦列駐車なんてお茶の子さいさい!アクセルとブレーキを誤って踏み間違えても車両装甲が安全なので傷がつくことはありません!

アクションはますます派手になり、使用できるアイテムがかなり追加されたおかげで没入感がより高まります!

是非この機会に、Batman Arkham Knight 遊んでみては如何でしょうか?

https://www.epicgames.com/store/ja/product/batman-arkham-knight/home

Steam版はコチラから

▶目の疲れは明日に向けてしっかり休息するようにしましょう。法的に効果アリと書けませんが、私は毎日パソコンを使用するため頭の奥の頭痛が酷かったりしていましたがこちらを1ヶ月程度続けていると以前よりも確実に疲れにくくなりました。目は見えているのが当たり前ではないので是非大事にしていただけたらと思います。

紹介させていただいている各ゲームのサービス料金、システム構成、その他商品ページURL内に記載されている内容を基に一部引用させていただいておりますが、本記事の投稿した内容と異なる場合や更新されている場合が御座います。

早期アクセスゲームの場合には、コンテンツが不完全であり、これから変わることも、変わらないこともありえます。現時点でこのゲームをプレイしても満足に遊べない場合は、 ゲームの開発が更に進捗するまで待ってみる必要があるかもしれません。
本記事に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも効果を保証するものではございません。
プレイ、またはご購入前に一度ご自分で本商品のURLより正確な情報をお知りになられた上でご購入願います。
基本プレイが無料の場合でも、ゲーム内で課金アイテムが販売されている場合にはその限りではありません。
サイト上に掲載される画像や動画、商標、ロゴマーク、その他の著作物に関する著作権は、各原著作者その他の権利者に帰属します。