CPUとGPU(グラボ)のバランスについて

反響とお問い合わせが多数あったため別途記事を書き直させていただきました。リンクは下記からお願い致します。

CPUとGPU(グラボ)のバランスについて 2018

 

CPUとGPU(グラフィックボード)はバランスよく搭載されていないとお互いに本来の力を発揮できない状態になってしまいます。

特にオンラインゲームやPCゲーム、CAD等をご利用になる方、またはしてみようかなという方の参考になればと思います。

最新のCPUに最新のGPUを搭載しているものが不具合が起きなければベストかと思いますがよりコスパを考え安く高性能にしたい場合などは世代が少し前の物を使用されるかと思います、その際に余りにもCPUの世代が過去の物を使用し、GPUだけ最新の物を使用してもGPU本来のパフォーマンスが出ない場合があります。

ちなみにCPU世代別に過去のものから
intel core2→intel core i3.5.7(1世代)→core i3.5.7(2世代)→core i3.5.7(3世代)→と販売されております。
インターネットサーフィンや動画を見るのがメインの方であれば Core2やPentiumなどの古い世代のCPUでもバリバリ快適に動作します。

例1:i5-2500k発売日:2011年 1月 9日+GTX970発売日:2014年9月19日

EVGA-68.4-1317

例1:i5-2500K+GTX1060
無題 無題2

第2世代のCPU i5-2500KにGTX970を組み合わせた場合、高いパフォーマンスが発揮されていますが最新の970よりも性能が高いGTX1060を搭載した場合は下記のようにうまく性能が発揮できず、GTX970よりも低いスコアとなりました。

このようにCPUの能力がGPUよりも低くなってしまった際にGPU本来の力が発揮出来ない状態になってしまうようになるとCPUの換装やパソコンの見直し、ドライバーの見直しが必要になってきます。
i5-2500Kでグラボの性能を引き出せる型番はGTX980Tiあたりまでなのかな?と予測することが可能になってきますね。

CPUの発売時期<GPU発売時期という形になると頭打ちになりやすいというだけであり、例外も存在しますのでパソコンは奥深いなと考えさせられます・・・

 

CPUが足を引っ張っている状態:Core2Quad9550+GTX970
9550-970